投稿者:デンキ

 

ここでは、アパートのドアプレート(表札)の剥がし方・交換方法について紹介します。

 

スポンサーリンク
 

アパートのドアプレート(表札)を剥がして交換する方法

 

では、アパートのドアプレート(表札)を剥がして新しいものへと交換する。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

が必要になる。

 

ドアプレート(表札)を剥がす

 

では作業に入る。

まずは、元々ついているドアプレート(表札)を剥がそう。

 

 

ドアプレートは「ヘラ」をあてがって軽いすき間を作れば、あとは手で引き剥がせば簡単に取れる。

粘着が強くて剥がれない場合には、粘着部分に「ラベルはがし」の液をスプレーして、1~2分放置する。

液が浸透した後、剥がすと綺麗に剥がれてくれるのである。

その後は、残った液をタオルなどでふき取る。

 

 

ドアプレート(表札)の粘着部分が残った場合には、「ラベルはがし」の液をスプレーした後、ヘラで粘着部分をこそぎ取って残った液はタオルで拭く。

これで、ドアプレート(表札)を剥がす作業は完了である。

 

ドアプレート(表札)の交換

 

次は、ドアプレート(表札)の交換をする。

ドアプレート(表札)を貼る場所は、前もって綺麗に拭いておこう。

 

 

準備したドアプレート(表札)の裏面の台紙を剥がして、ドアに貼り付ける。

粘着部分が弱い場合には、後で剥がれる場合があるので自分で両面テープなどを貼って、しっかりと貼り付けよう。

これで、ドアプレート(表札)の交換は完了である。

 

以上で、アパートのドアプレート(表札)の剥がし方・交換方法についての解説は終わります。

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

手作りでアパートのドアプレート(表札)を作成する方法(作り方)

カテゴリー
タグ

 

ここでは、床下換気口(通気口、通風口)カバーの取り付け方法(後付けDIY)について紹介します。

 

スポンサーリンク
 

床下換気口(通気口、通風口)カバーの取り付け方法

 

では、床下換気口(通気口、通風口)カバーの取り付けを始める。

 

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

が必要になる。

 

床下換気口(通気口、通風口)カバー

 

床下のカバーについては、点検できるようなカバーを選択した方が良いと思う。

じゃないと、床下の点検やシロアリ予防(駆除)の際には毎回壊さなくてはならないからである。

なので、私が選んだのは「城東の床下通風パネル(200×400)」である。

これだと、ねじやビスで止める際にも簡単だと思うし、一番安くて無難だと思うんです。

 

 

材料の準備

 

作業に入る前にまずは材料を準備しよう。

 

 

 

上記の材料を揃えよう。

そして、コンクリート用ボンドは箱から取り出して中身を確認しておこう。

 

 

取り付け枠の作成

 

では作業に入る。

初めにするのは、喚気口カバーを取り付ける土台(取り付け枠)の作成である。

 

 

取り付け枠を作るときは、床下換気口の寸法をメジャーで測る。

 

 

縦を測る。

 

 

横を測る。

 

 

寸法がとれたら、チョコアングルに油性ペンで印を付けていく。

 

 

印を付けたら、チョコアングルをカットするための線を引く。

曲尺(サシガネ)があれば作業が楽である。

 

 

曲尺を当てて、線を引く。

 

 

3箇所とも引けたらOKである。

 

 

 

あとは、金切りノコでも良いし普通のノコギリでも良いのでチョコアングルをカットしよう。

 

 

カットが終わると3つのアングルが出来上がる。

 

 

 

先端部分にバリが残っている場合には、サンドペーパーなどで落としておく。

 

 

チョコアングルのカットが終わったら、次はシロマツ(910×12×18)をカットする。

 

 

シロマツはノコギリでカットする。

まずは、短いアングル2本分をカットしよう。

 

 

短いアングル用のシロマツを2本カットしたら、取り付け枠の形に一度合わせてみる。

 

 

 

そうしたら、長いアングルのシロマツをカットする場所が分かるので、その部分をカットする。

 

 

カットすれば、このようになる。

 

 

シロマツのカット後は、ビス止めを行う。

 

デンキさん

もう少しビスは短い方が良いかもしれないです。3×20だと後ろにビスがはみ出ます。

 

 

 

チョコアングルに下穴を開けよう。

私は、ドライバードリルで2㎜の下穴を開けた。

 

 

下穴を開けたらあとはビスで止めよう。

 

 

チョコアングルからビスの皿部分が飛び出ないようにしっかりとしめよう。

 

 

3本とも終わったら取り付け枠の完成である。

 

 

ちなみに、ビスが長くて飛び出てしまった場合には、シリコンとかをぬっとけば良いかもしれない。

で、さらに欲を言えば、両サイドのビス止めの場所(下部分)はもう少し上にした方が数10年後~に木がもろくなった場合に取り替えが用意にできるとも思う(その場合にはビスにシリコンはぬらない)。

 

取り付け枠の取り付け

 

取り付け枠の完成後は、枠の取り付けを行う。

 

 

枠を取り付ける場所にコンクリート用ボンドを塗ろう。

ちなみにボンドを塗る際には、ほうきやタオルなどでゴミや埃は取り除いておく。

 

 

コンクリート用ボンドの先端をカットすれば、狭い場所でも扱える。

 

 

付属品のヘラでのばす。

 

 

取り付け枠を設置し、しっかりとアングルにボンドが密着するように押す。

 

 

両サイドも取り付ければ、取付け枠の取り付けは完成である。

 

デンキさん

コンクリート用ボンドは約1日程度で、実用強度に達するようです。ただ、ボンドが完全固化するまでは一週間程度はかかります。

 

換気口(通気口、通風口)カバーの取り付け

 

取り付け枠を取り付け後は、床下の換気口(通気口、通風口)カバーの取り付けを行う。

私は、枠を取り付けてから3日経過した後に行った。

 

 

ボンドで固めてから3日も経過していると、やはりゆすってもびくともしない。

かなり丈夫なようだ。

 

 

取り付け枠に換気口(通気口、通風口)カバーを当ててみる。

そして、枠が落ちないようにドライバーを中央下に差す。

すると簡易的に枠を固定できるのだ。

 

枠を固定したら微調整しながら、ビスを止める場所に印を付ける。

 

 

私は、ビスで印を付けた。

 

 

ビスはこのくらいのサイズのものを使う。

ワッシャーがあればもっと良いかもしれない。

 

 

ビスで印を付けた箇所に穴を開ける。

アングルには、ビスが干渉しない程度の穴を開けよう。

私は、3.2~3.5㎜くらいの穴を開けた。

 

 

あとは、ビスを止める下穴を開けるので先端を2mmのドリルに付け替える。

 

 

下穴を開ける。

 

 

そうしたら、一旦下部のビスを簡易的に止め、この状態で上部の左右にビスを止めるための印を付けよう。

 

 

 

左上と右上に油性ペンで印を付けた。

 

 

先程と同じ要領でアングル(3.2~3.5mm)とシロマツ(2mm)に穴を開けていく。

 

 

穴を開け終わったらこんな感じである。

 

ちなみに、私みたいにカバーに白色の油性ペンで印を付けると上記のように塗料が残り、鳥の糞が付いたようになってしまうので(後で新しいカバーに取り替えた)、目立つ印は付けずにビスであとを付けるだけにして、ドライバードリルで穴を開けた方が無難である。

 

 

上部の穴あけが終わり、4箇所ともビス止めすればOKである。

これで、床下換気口(通気口、通風口)カバーの取り付けは完成である。

 

以上で、床下換気口(通気口、通風口)カバーの取り付け方法(後付けDIY)についての解説は終わります。

 

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

床下換気扇の撤去方法(取り外し方)

■床下の湿気対策

カテゴリー
タグ

 

ここでは、トイレの照明器具を交換する方法を紹介します。

 

トイレの照明器具を交換

 

 

では、トイレの照明器具を交換する。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

が必要になる。

 

照明器具

 

照明器具は、パナソニック製の「電球形蛍光灯シーリングライト HHE4018E」を使用する。

このタイプは、内玄関、廊下、トイレなどで使用可能だ。

電球も付いているので、後から電球を購入する必要はない。

 

ちなみに、最近だとLEDタイプもあるので、これから購入する方はそちらの方が良さそうだ。

 

 

古い照明器具を取り外す

 

では、作業に入る。

まずは、「ブレーカー」を落とそう。

 

それとこうした作業には、「電気工事士」の資格(第二種電気工事士or第一種電気工事士)がいるから注意である。

 

 

ブレーカーを落としたら、照明器具に取り付けてある電球を外す。

 

 

電球を左に回して外す。

 

 

カバーも左に回して外す。

 

 

カバーが外れた。

 

 

カバーが外れたら、ソケット(本体)を固定しているねじを外す。

左右2か所のねじを外す。

 

 

ねじが外れたら、ソケットを引っ張って電線との接続部分を外す。

 

 

電線とソケットの接続部分が複雑で、電線が外しにくい場合にはニッパーなどで電線をカットする。

 

 

電線が外れた。

 

引っ掛けシーリングを取り付ける

 

照明器具を取り外したら、次は引っ掛けシーリングを取り付ける。

 

 

 

引っ掛けシーリングは、パナソニック製の「フルシリーズ角型引掛シーリング(ボディ) WG1000P」を使用する。

 

 

引っ掛けシーリングを取り付ける際には、電線を加工(カット)する必要がある。

 

ねずみ色の被覆部分を、カッターナイフ(電工ナイフ)やニッパーなどでカットする。

 

 

綺麗に被覆がカットできた。

 

 

白と黒の電線部分の被覆も剥ぐ。

カッターナイフ(電工ナイフ)で被覆を剥いだ。

 

 

白と黒の電線部分の被覆を剥ぐとこうなる。

 

 

あとは、引っ掛けシーリングに付いてるゲージの長さに合わせて、白と黒の電線をペンチやニッパーでカットする。

 

 

カットした。

 

 

電線をカット後は、引っ掛けシーリングに白と黒の電線を差し込む。

白の電線は、接地側(N)と記載された方に差し込むので間違えないように注意が必要だ。

 

 

白と黒の電線を差し込む。

しっかりと電線を差し込めばOKだ。

 

 

終わったら、こんな感じになる。

 

 

引っ掛けシーリングと電線を接続後は、電線(VVFケーブル)を真っ直ぐにする。

 

 

あとは、そのまま天井に電線(VVFケーブル)を押し込んで、引っ掛けシーリングを天井にねじで固定していく。

 

 

ねじを締める。

 

 

反対側のねじも締める。

 

 

これで、引っ掛けシーリングの取り付けは完成である。

 

照明器具を取り付ける

 

最後に、照明器具を取り付ける。

 

 

 

照明器具はパナソニック製の「電球形蛍光灯シーリングライト HHE4018E」を取り付ける。

 

 

引っ掛けシーリングに照明器具を取り付ける。

 

 

ソケットに「接地側(N)」の表記があれば、引っ掛けシーリングの「接地側(N)」の表記と合わせて取り付ける。

 

 

ソケット(本体)を取り付ける。

 

 

ソケットをいったん、引っ掛けシーリングにはめ込んだら、右方向に回して固定する。

ソケットを取り付け後は、ボタンを押さずに左方向に回して外れないことを確認しておく。

 

 

固定完了である。

 

 

ソケットを固定後は、外しておいた電球を右方向に回して取り付ける。

 

 

電球を取り付け後は、ブレーカーを入れてスイッチをONにして、電気が無事に点灯するかどうかを確認しておく。

 

 

デンキ
デンキ
でんきがついたんよ~

 

以上で、トイレの照明器具を交換する方法についての解説は終わります。

 

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

カテゴリー
タグ

 

ここでは、シーリングライトの取り付け方法を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

天井に引っ掛けシーリングが取り付けてあるかどうか

 

まず、シーリングライトを取り付ける前に、天井に引っ掛けシーリングが取り付けてあるかどうかを確認しておく。

もし、天井に引っ掛けシーリングが取り付けてない場合には、新たに「引っ掛けシーリング」を取り付けなければならないからだ。

 

出典:NECライティング

 

こういったものを取り付ける必要がある。

 

自身が電気工事士であれば、天井に引っ掛けシーリングを取り付けることは簡単だが、それ以外の方は電気工事業者などにお願いすることになる。

 

天井の直付け照明器具を外して引っ掛けシーリングを取り付ける方法

 

シーリングライトの取り付け方

 

 

では、シーリングライトを取り付ける。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

工具

脚立

が必要になる。

 

シーリングライト

 

シーリングライトは、昔購入していたNECのシーリングライト 6-8畳用(9LKZ679)リモコン付きを使用するのだが、

LEDシーリングライトでも良かったかも…

 

 

付属アダプタを本体から取り外す

 

では作業に入る。

まずは、電気スイッチを「切り」にしておくと良い、ブレーカーも落としておくとより安全に作業ができる。

 

 

電気スイッチもしくはブレーカーを落としたら、シーリングライトの付属アダプタを本体から取り外す。

 

付属アダプタは、緑色のつまみをつまんで外す。

 

 

緑色のつまみをつまんで外す。

 

 

外れた。

 

 

コネクタ部分も一緒に取り外す。

赤丸部分を押して、コネクタを引き抜く。

 

 

これで、付属アダプタを本体から取り外すことができた。

 

付属アダプタを引っ掛けシーリングに取り付ける

 

付属アダプタを本体から取り外すことができたら、次は付属アダプタを引っ掛けシーリングに取り付ける。

 

 

付属アダプタは、ものによっては左右どちらかに「N(接地側)」と記載されているものもあるので、その場合には指示通りに引っ掛けシーリングの「N(接地側)」の向きと合わせて接続する。

 

 

引っ掛けシーリングに付属アダプタを挿入する。

 

 

付属アダプタを右方向に回して固定する。

「カチッ」と音が鳴ればOKだ。

 

 

付属アダプタを取り付け後は、赤色のボタンを押さずに左に回しても外れないことを確認しておく。

 

シーリングライト(本体)を取り付ける

 

付属アダプタを取り付けたら、次はシーリングライト(本体)を取り付ける。

 

 

シーリングライト(本体)にコネクタを通したら、そのまま付属アダプタと本体の丸穴を合わせて天井に向けて押し上げる。

 

付属アダプタと本体がしっかりと固定されたら、赤丸部分のコネクタを接続する。

 

 

コネクタは、向きを合わせて本体と接続する。

 

カバーを取り付ける

 

シーリングライト(本体)を取り付け終えたら、最後にカバーを取り付ける。

 

 

 

カバーの取り付け方法は、カバーに記載されているのでそれを参考に取り付ける。

ちなみに、取り外し方法も記載されている。

 

 

カバーを取り付けるには、

カバーと本体の警告印を合わせて、カバーを押し上げて右に回す。

上手くカバーが取り付けられたら、「パチン」と音がする。

 

カバーの取付けは、若干のコツがいるようだ。

私は、カバーを頭を使ってしっかりと押し上げてから、右に回したら上手く取り付けられた。

 

デンキさん

シーリングライトのカバーは上手く取り付けたと思っても、横からみるとしっかりと取り付けられていない場合もあるので注意しましょう。

 

 

カバーを取り付けたら、リモコンやスイッチなどで点灯するかを確認しておく。

 

 

デンキ
デンキ
でんきがついたんよ~

 

以上で、シーリングライトの取り付け方法についての解説は終わります。

 

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

天井の直付け照明器具を外して引っ掛けシーリングを取り付ける方法

 

カテゴリー
タグ

 

ここでは、天井の直付け照明器具を外して引っ掛けシーリングを取り付ける方法を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

天井の直付け照明器具を外して引っ掛けシーリングを取り付ける

 

 

では、天井の直付け照明器具を外して引っ掛けシーリングを取り付ける。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

が必要になる。

 

引っ掛けシーリング

 

引っ掛けシーリングは、ここでは、オーム電機(OHM)の角型引掛シーリングボディ/6A-125V を使用する。

 

 

ちなみに、パナソニック製が良い場合には、パナソニックのフルシリーズ角型引掛シーリング(ボディ)WG1000P を購入すると良いだろう。

 

 

照明器具のカバーを外す

 

では作業に入る。

まずは、「ブレーカー」を落とそう。

 

それとこうした作業には、「電気工事士」の資格(第二種電気工事士or第一種電気工事士)がいるから注意である。

 

 

ブレーカーを落としたら、天井の直付け照明器具のカバーを外すので、じゃまな蛍光灯を取り外す。

 

直管形蛍光管をどちらかに回して外す。

 

 

カバーを固定している左右のねじを外す。

 

 

カバーのねじは左に回せば外れる。

 

 

ねじが外れた。

 

 

もう片方のねじも外す。

 

 

横にグローランプ(点灯管)が付いていると、カバーが外れないので注意しよう。

 

 

横のグローランプ(点灯管)を外せば、照明器具のカバーが外せる。

 

電線とビスを外して照明器具を取り外す

 

照明器具のカバーを外したら、次は電線とビスを外して照明器具を取り外す。

 

 

電線部分は、端子台に接続してあるタイプなので、プラスドライバーで白と黒のねじ部分を緩める。

 

 

ねじを緩めると、白と黒の電線が外れた。

 

 

電線は、照明器具を取り外すときに邪魔にならないように真っ直ぐにしておく。

 

 

白と黒の電線を外した後は、照明器具を固定しているビスを外そう。

 

 

マイナスドライバーで、片方のビスを外す。

 

 

反対側のビスもマイナスドライバーで外す。

 

デンキさん

ビスを外す際は、照明器具を支えながら作業しないと照明器具が上から落ちてくるので注意が必要です。

 

 

ビスが外れたら、照明器具を取り外す。

 

 

照明器具が外れたら、こんな感じになる。

 

引っ掛けシーリング用に電線を加工(カット)する

 

照明器具を外した後は、引っ掛けシーリングを取り付けるので電線を引っ掛けシーリング用に加工(カット)する。

 

 

電線(VVFケーブル)のねずみ色の被覆を剥ぐ。

今回は、元々VVFケーブルに切れ込みが入っていたため、同じように反対側にも切れ込みを入れる。

 

カッターナイフで縦方向に切れ込みを入れた。

 

 

次は、横方向にカットする。

被覆部分は固くなっていたので、ニッパーでカットした。

 

 

カット。

 

 

綺麗にカットできた。

 

 

電線(VVFケーブル)のねずみ色の被覆を剥ぎ終わったら、今度は白と黒の電線の被覆を剥ぐ。

 

剥ぐ場所にカッターナイフで切れ込みを入れる。

 

 

カッターナイフを一周させて切れ込みを入れる。

 

 

被覆の先端にカッターナイフの刃を入れて、被覆を剥いでいく。

 

 

 

剥いでいく。

 

電線(白)の被覆を剥いだら、もう片方の電線(黒)も同じように被覆を剥ぐ。

 

 

両方の被覆を剥ぐとこんな感じになる。

 

 

次は、電線をカットする。

これから取り付ける「引っ掛けシーリング」に、電線長さを示すゲージが付いているので、それを参考にして電線をペンチやニッパーでカットする。

 

 

電線のカット完了である。

 

引っ掛けシーリングを取り付ける

 

最後に、引っ掛けシーリングを取り付ける。

 

 

引っ掛けシーリングに電線(白黒)を差し込んでいく。

 

引っ掛けシーリングに電線(白黒)を挿入する際には、

・N(接地側)に「白」

・何も書いていない方に「黒」

を挿入する。

 

 

電線(白黒)を差し込む。

 

デンキさん

この時、電線(白黒)が曲がっている場合には、ペンチなどで真っ直ぐにしておきます。

 

 

しっかりと電線(白黒)を差し込む。

 

 

終わったら、こんな感じになる。

 

 

電線(VVFケーブル)を真っ直ぐにする。

 

 

引っ掛けシーリングを天井にねじ止めする。

 

 

片方のねじを締めていく。

 

 

反対側のねじも締めていく。

 

 

ねじでしっかりと固定できれば、引っ掛けシーリングの取り付けは完了である。

 

 

デンキ
デンキ
綺麗に取り付けられたんよ~

 

以上で、天井の直付け照明器具を外して引っ掛けシーリングを取り付ける方法についての解説は終わります。

 

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

シーリングライトの取り付け方法

 

カテゴリー
タグ