ここでは、DIYで和室の押入れ襖(ふすま)をクローゼット(4枚折戸)に取り替える方法を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

DIYで和室の押入れ襖(ふすま)をクローゼット(4枚折戸)に取り替える

 

 

では、DIYで和室の押入れ襖(ふすま)をクローゼット(4枚折戸)に取り替える。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

が必要になる。

 

クローゼット(4枚折戸)

クローゼット(4枚折戸)は楽天市場のFusuma宅配サービス(ふすま宅配サービス)で見つけた「new押入れクローゼット 4枚折戸」にした。

 

通常、押入れ襖(ふすま)をクローゼットに変更する場合には、工務店や大工さんに頼むが、それだと数万円では済まず、10万円以上かかるのは必然である。

 

私としては、安くてオシャレなクローゼットにしたかったので、襖(ふすま)のみの交換が可能な楽天市場のFusuma宅配サービスで「new押入れクローゼット 4枚折戸」を注文した次第(オーダー商品)。

 

 

 

クローゼット(4枚折戸)をFusuma宅配サービスで注文

 

Fusuma宅配サービスで建具を注文する場合には、

①建具カラーの選択

②取手の選択

③押入れサイズ(寸法)の確認

などを自分で選択、確認する必要がある。

 

Fusuma宅配サービス(new押入れクローゼット 4枚折戸)のサイトに進もう。

下記のリンクから進める。

 

new押入れクローゼット 4枚折戸

 

①建具カラーの選択

建具のカラーは、「PG-9006」にした。

好みのカラーを選べば良い。

 

 

カラー拡大表示は下記のリンクから。

 

カラー拡大はこちらから

 

②取手の選択

取手は、「ブリッジヘアライン」にした。

好きなタイプを選べば良い(ミッキー、ミニータイプもあるようだ)。

 

 

③押入れサイズ(寸法)の確認

押入れサイズ(寸法)の確認では、「幅と高さ」の他にも「敷居の溝の幅」なども一緒に確認しておく。

 

 

①押入れ幅の確認

 

では、押入れの幅を測る。

上記の画像のように、下と上の2ヶ所を測る。

 

襖は、じゃまなので一旦外しておく。

 

 

下側の左右どちらからでも良いので、一旦1000㎜の所に鉛筆で印を付ける。

 

 

今度はメジャーを逆側に置いて、印の付いている残りの寸法を測る。

測り終えたら、「最初の1000㎜」と「残りの755㎜」を合わせる。

 

このようにして反対側(上)も測る。

 

上:1000㎜+754㎜=1754㎜

下:1000㎜+755㎜=1755㎜

 

②押入れ高さの確認

 

次は、押入れの高さを測る。

上記の画像のように、左と右の2ヶ所を測る。

 

 

左側のどちらからでも良いので、一旦1000㎜の所に鉛筆で印を付ける。

 

 

今度はメジャーを逆側に置いて、印の付いている残りの寸法を測る。

測り終えたら、「最初の1000㎜」と「残りの800㎜」を合わせる。

 

このようにして反対側(右)も測る。

 

左:1000㎜+800㎜=1800㎜

右:1000㎜+801㎜=1801㎜

 

③敷居の溝の幅の確認

 

敷居の溝の幅も確認しておく。

 

 

私の自宅の敷居の溝の幅は、21㎜で通常タイプだった。

 

注文

 

Fusuma宅配サービス(new押入れクローゼット 4枚折戸)のサイトの下記にスクロールすると、上記のような画面があるので、そこに入力していく。

 

終わったら、「ご購入手続きへ」のボタンを押して購入手続きへ進む。

これで、new押入れクローゼット 4枚折戸を注文することができた。

購入完了後は、数週間で届いた。

 

クローゼット(4枚折戸)を取り付ける

 

new押入れクローゼット 4枚折戸が、届いたのでさっそく取り付ける。

 

 

new押入れクローゼット 4枚折戸である。

 

 

開けてみる。

 

 

 

中には、金物(上用2個・下用2個)、ビス、ブリッジヘアライン、アルミプレート、取付け説明書などが入っていた。

 

 

これから、この押入れに「new押入れクローゼット 4枚折戸」を取り付けていく(襖は外した)。

 

下用金物の取り付け

 

まずは、下用金物から取り付けていく。

 

私は、敷居スベリを持っていたので最初に敷居スベリを貼っていく。

詳しくは下記のページを参照。

 

敷居スベリを貼る

 

 

敷居の溝に敷居スベリを貼った。

 

 

 

下用金物は、敷居スベリの上に直接取り付ける。

縦枠から5㎜離した所で、ビスで固定する。

 

 

ビスで固定する(キリがあれば位置決めに下穴を開けると作業が楽だ)。

 

 

左右とも同じ要領でしっかりと固定する。

 

上用金物の取り付け

 

 

上用金物は、縦枠にピッタリと寄せて黒いゴム(戸当り)が内側にくるようにビスで固定する。

 

 

左右とも同じ要領でしっかりと固定する。

 

本体の取り付け

 

 

左側クローゼットから取り付けたいと思う。

 

 

クローゼットを開いて、上金物に差し込む。

 

 

差し込む。

 

 

クローゼットを持ち上げてスライドさせて、下金物にセットする。

この時、下金物にしっかりと入ったか必ず目視で確認しておく。

 

 

クローゼットを折り曲げて、ビボットを入れていく。

下ビボットは一旦、敷居に乗せておく。

 

 

この間に、上ビボットを指で押さえながら鴨居の溝に入れていく。

 

 

上ビボットは溝に入った。

 

 

下ビボットも溝に入った。

 

 

これで、左側クローゼットの取り付けは完了した。

同じ要領で反対側(右側クローゼット)も取り付けていく。

 

 

右側クローゼットも取り付け完了。

 

取手(ブリッジヘアライン)の取り付け

 

左右のクローゼットを取り付け終わったら、取手(ブリッジヘアライン)を取り付ける。

 

 

クローゼットの裏側にビスを入れる。

 

 

クローゼットの表側から、取手(ブリッジヘアライン)を合わせておき、裏側からビスを締めていく。

 

 

裏側から左右のビスを締めていく。

 

 

ビスが締まったら、片側の取手(ブリッジヘアライン)の取り付けは完了する。

同じ要領で反対側の取手(ブリッジヘアライン)も取り付ける。

 

 

左右のクローゼットに取手(ブリッジヘアライン)を取り付け終わると、こんな感じになる。

 

デンキ
デンキ
高級感がでる。

 

アルミプレートの取り付け

 

収納側の溝が気になる方は、アルミプレートを取り付ける。

アルミプレートは、付属のビスで上から固定するだけである。

 

アルミプレートは、取り付けることで見栄えがよくなり、荷物を収納する際にも出し入れがしやすくなる。というメリットがある。

 

クローゼット(4枚折戸)の隙間調整

 

 

 

 

最後に、クローゼットの隙間調整をする。

付属のスパナでできるので、必要な方は隙間を調整すると良い(説明書を参考に)。

 

 

隙間調整が完了した。

これで、クローゼット(4枚折戸)への取り替えも完了した。

 

以上で、DIYで和室の押入れ襖(ふすま)をクローゼット(4枚折戸)に取り替える方法の解説は終了します。

 

 

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

ふすま、障子、引き戸が開けずらい!動きが重かったり引っかかる場合の対応策

DIYで和室の襖(ふすま)を取り替える方法(新調)

DIYで和室の襖(ふすま)を片引き戸に交換する方法