ここでは、ベニヤ板をまっすぐ切る(カットする)方法とその道具について紹介します。

 

スポンサーリンク
 

ベニヤ板をまっすぐ切る方法とその道具

 

 

ベニヤ板をまっすぐ切りたい。

 

一般的な方法としては、

●カッターナイフで切る

●ノコギリで切る

●ダブルカッターで切る(個人的見解)

●捨て板を置いて切る

●直線ジグを使用して切る

という方法がある。

 

そして、その際に必要な道具としては、下記のような道具が必要になる。

 

必要な道具

 

 

カッターナイフで切る

ノコギリで切る

直線ジグを使用して切る

 

カッターナイフで切る

 

では作業に入る。

まずは、カッターナイフでベニヤ板をまっすぐ切る方法を試してみる。

ここでは、ベニヤ板は2.5㎜を使用する。

 

 

ベニヤ板を作業台に固定し、定規(直尺)で線を引く。

 

 

あらかじめ引いておいた、線に定規(直尺)を当てる。

 

 

あとは、カッターナイフでカットする。

 

 

切り進めていく。

 

 

カットを数回繰り返すことで、徐々にベニヤ板が切れていく。

 

 

カット完了である。

 

 

ベニヤ板は2.5㎜とかなら、カッターナイフでも頑張ればまっすぐ切れるようだ。

しかし、何度も何度もベニヤ板をカットするのは面倒である。

分厚い5.5㎜とかだと、もう無理である。

 

ノコギリで切る

 

次は、ノコギリでベニヤ板をまっすぐ切る方法を試してみる。

ここでは、ベニヤ板は2.5㎜を使用する。

 

 

ノコギリは、胴つき鋸を使用する。

 

デンキさん

このタイプは、刃が薄いので、薄いものを加工したりするのに適しています。背に、金具が付いているのが特徴です。

 

 

ベニヤ板を用意し、定規(直尺)でカットするための線を引く。

 

 

ノコギリで切り進めていく。

 

 

ちなみに、ノコギリなどでベニヤ板をカットすると、ささくれが出ることがある。

これを防止するには、ベニヤ板の上にマスキングテープを貼ってからカットすることである。

 

 

なので、ささくれが出ている部分にマスキングテープを貼る。

 

 

マスキングテープを貼った状態で切り進めていく。

 

 

半分切って、裏返してみるとこんな感じになっている。

 

 

カットが完了した。

 

 

 

マスキングテープを貼ることで、まっすぐ綺麗に切れたようだ。

ただ、分厚い5.5㎜とかだと、カットするのに体力を消耗するのは言うまでもない。

 

ダブルカッターで切る

 

次は、ダブルカッターでベニヤ板をまっすぐ切る方法を試してみる。

ここでは、ベニヤ板は2.5㎜と5.5㎜を使用する。

 

 

5.5㎜とか分厚いベニヤ板を切るときには、通常なら丸ノコを使用する方が多いだろう。

しかし、丸ノコを私のような素人が使うとキックバックする(跳ね返ってくる)恐れがあるので、あまり使用したくないのである(実際に丸ノコが跳ね返ってきて、腕に直撃しそうになったことがある)。

その点デュアルソー ダブルカッターなら、2枚の逆回転ブレードでキックバックが起きにくく素人でも安心して使えると言える。

 

ガイドルーラー(平行定規)

デュアルソー ダブルカッターは、ガイドルーラー(平行定規)を取り付けるとよりまっすぐ切れる。

ただ、薄いベニヤ板を切るときには、ベニヤ板が薄いのでカット中に動いて正確に切れないことがあるし、危ないので注意しよう。

 

 

では、デュアルソーダブルカッターにガイドルーラー(平行定規)を取り付けた状態でカットする。

 

 

ベニヤ板をカットするので、ベニヤ板(2.5㎜)に定規(直尺)で線を引いておく。

 

 

デュアルソーダブルカッターでカットする場合には、ベニヤ板をしっかりとCクランプなどで固定しよう。

じゃないと危険である。

 

デンキさん

上記の画像では、ガイドルーラー(平行定規)の幅があるためにこのようにしていますが、逆側も固定できる場合には、しっかりとCクランプで固定しましょう。

 

 

こんな感じで、固定すると安全である。

 

 

切り始める。

 

 

切り進めていく。

 

 

カット完了である。

しかし、前方が見えにくいので切り終わりが若干ずれる。

 

ベニヤ板が2.5㎜とかだとペラペラしているので、デュアルソーダブルカッターでは逆に切りにくく危ないかもしれない。

薄いベニヤ板(2.5㎜など)は、ノコギリで切った方が無難のようだ。

 

ガイドルーラー(平行定規)の定規なし

 

今度はデュアルソー ダブルカッターガイドルーラー(平行定規)の定規部分だけを外して5.5㎜のベニヤ板をカットしていく。

 

 

5.5㎜のベニヤ板を用意して、Cクランプで固定し、定規(直尺)で線を引こう。

 

 

切り始める。

 

 

切り進めていく。

 

 

まっすぐ切れているようだ。

 

 

切り終わり部分にさしかかると、左側にベニヤ板が重みで反るのと、線が見えないのとで若干ずれる(本体の重さで左にずれてしまうのだ)。

しかし、左側の材を使わないなら問題はない。

 

デンキさん

捨て板を使用してカットした方が、ベニヤ板が反らないので無難かもしれないです。

 

 

多少、切り終わりが左にずれても、最後に調整して切ると綺麗に切れる。

カット完了である。

デンキ
デンキ
綺麗なんよー。

 

捨て板を置いて切る

 

もっと確実にベニヤ板をまっすぐ切る方法としては、捨て板を置いて切る方法がある。

 

捨て板をベニヤ板の下に置いて切ると、より綺麗に切れるのでオススメとされる。

もちろん、捨て板なのでボロボロにはなるが。

捨て板は、合板や安価のスチレンボードなどが良いそうだ。

 

直線ジグを使用して切る

 

 

「直線ジグ」という材をまっすぐに切る道具を使用して、ベニヤ板を切るという方法もある。

これだと、確実にまっすぐ切ることができるのでオススメだ。

直線ジグは、スパイク定規とも呼ばれるようです。

 

 

ちなみに、直線ジグは自分で作成することも可能なので、時間がある方は自分で作成してみても良いかもしれない。

 

 

これが自作の直線ジグである。

デンキ
デンキ
まっすぐ切れるんよー。

 

直線ジグ(ダブルカッター用のガイド)の作り方と使い方

 

まとめ

 

まとめると、

2.5㎜くらいのベニヤ板なら、ノコギリ(胴つき鋸)でカットするとまっすぐ切れる。


5.5㎜くらいの分厚いベニヤ板なら、「デュアルソーダブルカッター ガイドルーラー(平行定規)の定規なし」+「直線ジグ(スパイク定規)」でカットすると、まっすぐ切れる(捨て板もあると尚良し)。


 

以上で、ベニヤ板をまっすぐ切る(カットする)方法とその道具についての解説は終わります。

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

  • 投稿 2018/04/20 更新
  • デンキ