ここでは、日立工機 14.4Vコードレスドライバードリル FDS14DGL(2LEGK)の使用レビューを紹介します。

 

スポンサーリンク
 

日立工機 14.4Vコードレスドライバードリル FDS14DGL(2LEGK)の特徴

 

 

用途

 

日立工機 14.4Vコードレスドライバードリル FDS14DGL(2LEGK)は、「蓄電池(バッテリー)」と「充電器」が、あらかじめセットされているタイプですので、購入したその日のうちに蓄電池を充電すれば、直ぐに作業に入ることができます。

 

家具の組み立て作業、穴開け作業、長いねじ締めを伴わないDIY作業全般で、使用可能です。

 

性能

 

ブランド/型番

ブランド:日立工機


型番:FDS14DGL(2LEGK)


 

寸法/質量

寸法:213×228×80mm(BSL1415S装着時)


質量:1.6kg(BSL1415S装着時)


 

蓄電池

型番:BSL1415S


容量:1.3Ah


電圧:14.4V


 

充電器

型番:UC18YKSL


充電時間:約35分


 

能力

能力(ねじ締め付け):木ねじø 6×75mm


能力(穴あけ):木材ø 30mm


能力(穴あけ):鋼材ø 13mm


能力(穴あけ):アルミø 13mm


 

LEDライト

白色LED


 

トルク/回転数

最大トルク:[低速]34N・m


最大トルク:[高速]8N・m


トルクレンジ(22段切替):約1.0~6.0N・m


回転数:[低速]0~450、[高速]0~1,250min-1


 

作業量目安(1充電当たり)

穴あけ 鉄工 ø 6.5 (SPCC 厚さ1.6) 高速 約75個


穴あけ 木工 ø 24 (米松 厚さ18) 低速 約125個


締付け 木ねじ ø 6×65L(米松・ø4下穴) 低速 約65本


 

標準付属品

充電器・予備電池・No.2プラスビット・ケース・電池カバー2個


 

日立工機 14.4Vコードレスドライバードリル FDS14DGL(2LEGK)を選んだ理由

 

私が、日立工機 14.4Vコードレスドライバードリル FDS14DGL(2LEGK)を購入した理由は、DIY作業と電気工事作業に使いたかったからです。

やはり、ねじ締めなどはプラスドライバーでするよりも、充電式のドライバーでした方が時短にもなります。

また、このタイプは「蓄電池(2個付き)と充電器」が付属品としてセットされているのに、価格もリーズナブルです。

 

類似のドリルドライバーには、マキタ(14.4V)タイプもありますが、そちらよりもコストパフォーマンスが日立の方が良かったので「日立工機のFDS14DGL(2LEGK)」を購入しました。

ただ、同様の値段で購入できる「日立工機の14.4Vのインパクトドライバー」でも良いかな…とも思いましたが、長いねじ締めはほとんどなく、ねじ締めや穴開け作業が主だったのでドライバードリルで良いかなと思いました。

 

さらに上位機種には、パワーと作業量に優れた18Vタイプもありますが、そこまで本格的なものでなくても良かったので、14.4Vタイプを選びました。

一日で数百のネジ締めや穴開け作業をしない方なら、14.4Vで十分だと思います。

 

使用感

 

 

 

Amazonで購入した「日立工機 14.4Vコードレスドライバードリル FDS14DGL(2LEGK)」が自宅に届きました。

 

付属品には、

●充電器

●予備電池

●No.2プラスビット

●ケース

●電池カバー2個

●説明書

が入っていました。

 

寸法

 

寸法については、

●全長213㎜×全高228㎜×全幅80㎜(蓄電池装着時)

●質量:1.6kg(蓄電池装着時)

となっています。

 

ドライバードリルを実際に手に取ってみると、それほど重くもなく軽くもない丁度良い重さでした。

 

キーレスチャック構造

 

先端部分は、キーレスチャック構造なので、ドライバビットやドリルなどの取り付け取り外しが簡単です。

 

ドリルの取り付けと穴あけ

 

 

先端部分にドリルを付けたいときは、スリーブ(黒い部分)を左方向に回して緩めてから、先端部分にドリルをセットして、スリーブ(黒い部分)を右方向に回して締めます。

先程も紹介した通り、キーレスチャック構造なのでドリルの取付けが簡単です。

 

 

穴開け作業を行う場合には、ポンチで印を付けてからそこにドリルを当てます。

ダイヤルは、「ドリルマーク」に合わせましょう。

 

 

14.4Vタイプなので、パワーはそこまで期待していなかったのですが、薄いステンレス製の板なら、簡単に穴を開けられるパワーはあります。

 

LEDライト

スイッチを引いている間だけですが、自動でLEDライトが点灯し先端部分を照らしてくれますので、暗い場所でも使えそうです。

 

デメリットとメリット

 

日立工機 14.4Vコードレスドライバードリル FDS14DGL(2LEGK)のデメリットとメリットは、下記の通りです。

 

デメリット
フックが別売り。


バッテリーも2個付いてくるので、その分若干値段が高い。


上位機種の18Vと比べるとやはり、パワーと作業量は落ちる。


「何百個」というネジの締め付けや穴開け作業には、上位機種の18Vタイプが適している。


 

メリット

充電式で、しかも丁度良い重さ


先端部分はキーレスチャック構造なので、ドリルなどの取り付け、取り外しが簡単。


ねじの締め付けや穴開けもできるので、DIYや簡単な電気工事作業に使える。


1.3Ah Li-ion電池(バッテリー)が、付属品として2個付いてくるので、充電が切れたらすぐにもう一つのバッテリーと交換できる。


1.3~6.0Ahまで選べる電池。


音もインパクトドライバーと比べると静か。


フォルムも色も良い。


 

別売りアクセサリと本体

 

14.4V リチウムイオン電池 3.0Ah BSL1430
BSL1415Sと相互性あり(14.4V 1.3Ah~6.0Ah)

充電器(UC18YKSL)

フック 日立工機 オプション 337131

ビットセット

 

 

  • 投稿 2018/05/08 更新
  • デンキ