ここでは、電気スイッチの交換方法(片切り)について紹介します。

 

電気スイッチ(フルカラーシリーズ)の性能比較表
 

スポンサーリンク
 

電気スイッチの交換方法

 

 

では、電気スイッチの交換を始める。

ちなみにこの作業には、電気工事士の資格が必要である。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

片切りスイッチ(パナソニック・WNP5101MWP)

電気工具一式

プラスドライバー

マイナスドライバー

ペンチ

ニッパー

絶縁テープ

紙ヤスリ(サンドペーパー)

が必要になる。

 

電気スイッチ

電気スイッチ(片切り)については、「パナソニックのモダンプレート付」を使用する。

このタイプは、取り付け枠、化粧枠、化粧カバーが元から付いているので作業が楽なのである。

それに、後になって「化粧カバーが合わないよーー」ということがないのでおすすめ、という私の個人的見解である。

 

 

カバー(化粧カバー)を外す

 

では作業に入る。

まずは、ブレーカーを落とそう。

 

デンキさん

ブレーカーを落とさないと危険です。

 

 

化粧カバーの上下のネジ(ビス)をプラスドライバーで外す。

そうしたら、簡単にカバーを外すことができる。

外れない時には、マイナスドライバーをカバーの隙間に差し込んでテコの原理で外す。

 

 

カバーを外したらこんな感じになる。

で、よく見ると「取り付け枠」に壁紙が覆いかぶさっている。

これでは、電気スイッチの交換作業の邪魔になるので、カッターナイフなどで取り付け枠に沿って綺麗に壁紙をカットしよう。

 

 

こんな感じにカットする。

 

電気スイッチを外す

 

次は、電気スイッチを外す作業を行う。

 

 

取り付け枠の上下のネジを外すと、こんな感じで壁の中から取り出すことができるのである。

 

 

スイッチには、電線がきているのでその電線も外そう。

電線が差さっている場所の隣に、マイナスドライバーが入りそうな穴(はずし穴)があるので、そこにマイナスドライバーを差し込んで電線を外そう。

 

 

マイナスドライバーは上から押す。

すると、電線が外れる。

電線が外れない場合には、手で電線を引っ張りながら、マイナスドライバーで押しながら外すと外れやすい。

 

デンキさん

電線がどうしても外れない場合には、電線をニッパーで切断します。ただし電線に余裕がない場合には、あまりおすすめはできません。

 

 

両方の電線(白・黒)が外れるとこんな感じになる。

これで、電気スイッチの取り外しは完了である。

 

 

ちなみに、電線が変色している場合には、紙やすり(150)などで軽く研磨しておいた方がいい。

電気を通しやすくなるからである。

 

 

終わったら、こんな感じになる。

デンキ
デンキ
電線が光っとる。

 

電気スイッチの取り付け

 

本体の取り外しが終わったら、次は電気スイッチを取り付ける。

 

 

ここでは、「パナソニック・WNP 5101 MWP」を取り付ける。

 

 

化粧カバーを外そう。

 

 

そうしたら、「取り付け枠」と「片切りスイッチ」のみ状態にする。

 

 

電線をストリップゲージ(10mm)に合わせて、長い場合には電線をカットする。

 

 

ストリップゲージにピッタリ両方とも合ったら、電線を差し込み穴に差し込んでいく。

 

 

黒を差し込んだら、その隣の差し込み穴に白を差す。

 

 

電線は両方ともしっかりと差し込もう。

ちなみに、この場合「片切りスイッチ」なので黒と白の電線を逆に差し込んでも使用は可能なのである。

 

 

電線に傷がある場合には、絶縁テープを巻いて補強しておく。

 

 

電線を曲げて、本体が壁の中に収まるようにしよう。

 

 

取り付け枠の上下のネジを締めれば、電気スイッチの取り付けは完了である。

 

化粧枠と化粧カバーの取り付け(完成)

 

取り付け後は仕上げの「化粧枠」を取り付ける。

 

 

化粧枠の上下のネジを締めよう。

 

 

あとは、化粧カバーを取り付ける。

これで、完成である。

 

点灯テスト

 

電気スイッチの交換後は、点灯テストを行う。

スイッチを入れて、負荷側の蛍光灯などが無事に点灯すればOKである。

 

 

スイッチを入れる。

 

 

蛍光灯が点灯した。

デンキ
デンキ
光っとる・・・まぶしい。

 

以上で、電気スイッチの交換方法(片切り)についての解説は終わります。

 

 

必要な道具に戻る

 

関連記事