ここでは、アース線(接地線)の付け方・接続方法【ネジ式】を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

アース線(接地線)の付け方・接続方法

 

 

では、アース線(接地線)の取り付けを始める。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

が必要になる。

 

アース付きコンセントの蓋をあける

 

では、作業に入る。

まずは、アース付きコンセントの「アース △あける」の部分をあける。

 

 

この蓋を素手てあけられる方は素手であけても良いが、マイナスドライバーなどを使うと手を痛めなくて済む。

 

 

蓋があいた。

 

 

蓋があいたら、中にあるねじをプラスドライバーで緩めよう。

 

 

ねじを緩める。

ねじは、アース線(接地線)が楽に入るくらい緩んだらOKだ。

 

アース線(接地線)の加工

 

次は、アース線(接地線)の加工を行う。

 

 

これは、トイレのウォシュレットのアース線(接地線)である。

他にも家庭では電子レンジや洗濯機、冷蔵庫などにも付いているものだ。

 

 

このアース線(接地線)の被覆を剥がす。

すると、より線がでてくる。

 

 

このより線を軽くねじっておく。

 

 

軽くねじった。

 

 

より線は、アース付きコンセントのゲージに合わせてペンチなどでカットする。

 

 

カットした。

 

 

これで、OKだ。

 

加工したアース線(接地線)を取り付ける

 

 

加工したアース線(接地線)を隙間に入れ込んでいく。

 

 

入れ込んでいく。

 

 

あとは、アース線(接地線)の被覆を挟まないようにプラスドライバーでねじを締めていく。

 

 

ねじを締め終わった。

 

 

最後に蓋をしめればアース線(接地線)の取り付けは完了である。

 

 

以上で、アース線(接地線)の付け方・接続方法【ネジ式】についての解説は終わります。

 

必要な道具に戻る