ここでは、電気工事士のテスターのおすすめを紹介します。

 

スポンサーリンク
 

HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター

 

 

まず、電気工事士の方でポケットに入るカードタイプのテスターを探しているなら、このサイトでも幾度となく紹介していますが、日置電機の3244‐60がおすすめです。

日置電機のテスターは、現場での作業には最適だからです。

 

ちなみに、このタイプとよく比較されがちなのが三和のPM3ですが、電気工事士の方には日置電機の3244‐60がおすすめです。

理由としては、三和のPM3は多機能で、しかも安いので人気の商品ですが、現場で使うには安全性と信頼性の面を考えるとどうしても不安です。

実際、測定カテゴリもCAT.ⅡDC/AC500Vとなっていて、家庭内で使用する(弱電回路)のには最適です。

しかし、電気工事士の方が使用する場合には、もっと測定カテゴリが高いものでなければいけません。

なので測定カテゴリの高い3244‐60(CAT III 300 V, CAT II 600 V 準拠)が、おすすめなのです。

 

カードハイテスタ 3244-60のレビュー記事はこちら

 

こんな方におすすめ

胸ポケットに入る薄いテスターを探してる。


電流測定は必要ない。


安全に電圧を測定したい(CAT III 300 V, CAT II 600 V 準拠)。


最低限の機能(直流・交流電圧、導通、抵抗)があればいい。


 

口コミ

満足です

作業着の胸ポケットに収まり取り回しが良い。 電気的な仕様も必要十分である。

 

使いやすさ一番

高性能で使い方が簡単。他のメーカーのも使っていますが、これが一番です。もっと早く知っていればよかった。

 

出典:Amazonレビュー

 

 

HIOKI(日置電機)ハイテスタ 3030-10  

 

 

電気工事士の方でアナログ式を選びたいという方は、日置電機の3030-10がおすすめです。

こちらの機種も何度も紹介していますが、機械設備や電気関係の現場では重宝されています。

測定カテゴリは、CAT III 600 Vですので引き込み線の電圧測定などには使用できませんが、工場(動力機器)などで使用するには問題ありません。

 

また上位機種には、電工専用のアナログテスターもあります(電工テスタ 3008)。

こちらは、工業用電力ライン(Max AC/DC600V)における電気設備及び電路の点検用に設計された安全重視のテスターになっています。

 

ハイテスタ 3030-10のレビュー記事はこちら

 

こんな方におすすめ

機械設備の点検作業をしてる人


反応が早いテスターが欲しい人


電池の交換がめんどくさいと感じている


デジタルではなくアナログ式を探してる


 

口コミ

やっぱりアナログが一番!

会社で20年以上前のモデルを使っていますが、今も問題なく使えていますので、今回自分用で個人的に購入しました。 付属のハードケースが改良されてリードの収納性が向上しています。それ以外は見る限り変わっていないように感じます。 良いものは変える必要がないからだと思いますし、信頼が持てる機種だと思います。

 

出典:Amazonレビュー

 

 

FLUKE(フルーク) 107とsanwa(三和電気計器)CD771

 

 

 

分電盤内で作業をする電気工事士の方におすすめしたいのが、FLUKE(フルーク) 107とsanwa(三和電気計器)CD771です。

これら2機種には、バックライト表示機能が装備されており、しかも高機能なのに安いのです。

値段で言えば、フルークよりも三和の方が安価ですが、三和の場合バックライトが少し見にくいのが難点ではあります。

一方でフルークの方はというと、透過式なので見やすいです。

しかし、明るい場所においては若干暗いのも特徴です。

 

どちらも1万円以下で購入できますので、蛍光灯の光がとどかない暗い場所での盤作業が多いという方は、バックライト表示機能のあるテスターがおすすめです。

 

デジタルマルチメータ[CD771]のレビュー記事はこちら

 

こんな方におすすめ

分電盤内作業が多い


暗い場所での作業が多い


一万円以下で買える高機能で、信頼できるデジタルテスターを探してる


 

口コミ

FLUKE(フルーク) 107 CAT III 600V 準拠

割安に購入

非常に使いやすく会社の出張工具リストに入れました。 マグネットストラップとバックライトが盤内作業には最適です。

 

出典:Amazonレビュー

 

sanwa(三和電気計器)CD771 CAT.Ⅲ600V/CAT.Ⅱ1000V

定番な感じで使いやすい

フルークの同じくらいのスペックのものと悩んだあげく サンワに決めました。 私は満足しています。 ただサイズ感が少し大きいなと思います。

 

出典:Amazonレビュー

 

 

HIOKI(日置電機) デジタルマルチメータ DT4223

 

 

引き込み線の電圧測定をするという電気工事士の方には、日置電機のDT4223がおすすめです。

このタイプは、電工用なので測定カテゴリも普通のものと比べると高めです(CAT IV 300 V, CAT III 600 V)。

 

さらに、現場でミスをしないための電圧入力保護機能も付いていますので安心安全なのです。

電圧入力保護機能とは、抵抗レンジに電圧を加えることによりブレーカーを落とす、テスターを壊すこと、人身事故等に繋がることを防止するための機能です。

日置電機のDT4223は、こうしたレンジミスをカバーしてくれます。

 

検電機能も備えていますし、分電盤や引き込み線の電圧測定にも対応しています。

別売りアクセサリには、マグネットストラップもあるのでこれを付ければ盤内作業にも最適です。

もちろんバックライト機能もあります。

 

ちなみに、上位機種(DT4255)になると、電流、電圧レンジミスをカバーするタイプ(交/直電圧自動判別機能付き)もありますので、デジタルテスターの性能比較表で確認してみてください。

 

こんな方におすすめ

引き込み線の電圧測定や、分電盤作業がある


なるべく現場ではミスをしたくない


検電機能もほしい


ポケットサイズのものを探してる


1万円以上でもいいので性能が良く、安心安全なものが欲しい


 

口コミ

電源電圧関係なら日置で、光ならフジクラだな

 

出典:http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/denki/1441714593/

 

 

sanwa(三和電気計器) ハイブリッドミニテスタ DG-34A(a)

 

*DG34a/C(カバー付き)

 

住宅の電気工事が主な方には、三和のDG34aがおすすめです。

電気工事や設備系の仕事をしていると、

「メガ―取って来い!」

「クランプ取って来い!」

「テスター取って来い!」

と下っ端の頃はよく言われるものですが、このDG34aにはこれらの機能が全て内蔵されていますので、現場を走り回る必要がないのです。

複数の計器を持ち歩くのが「めんどくさい」と思っている方には、おすすめのテスターと言えます。

 

MΩテスト機能 500/250/125V 400MΩ
交流/直流電圧 600V
交流/直流電流 100A CTクランプ

 

*メガ―測定する際には、付属品の黒アリゲータクリップ(CL-DG3a)を用いて測定します。

 

こんな方におすすめ

住宅の電気工事がメインの人


複数の計器を持ち歩くのがめんどくさいと感じている人


アナログ式でなくてもいい人


 

口コミ

住宅の電気工事はこれ一台で充分

様々な機能がコンパクトにまとまっていてすごく便利です ただ、クランプの部分がCVT22の外皮のうえからだとかますことができないのでその点だけが不満です

 

試しで買って見ました

テスター型でメガまでついているのがいいですね 欲を言えば電圧の表示がコンマ一桁ぐらいまででるとなをいい

 

出典:Amazonレビュー

 

 

HIOKI(日置電機) ACクランプメータ 3280-10F

 

 

最後におすすめしたいのが、日置電機の3280‐10Fです。

この機種はクランプメーターと呼ばれるものですが、付属品のテストリード L9208を取り付けることによりテスターとしても機能します。

 

一般的には、現場などで電流測定をする場合には、上記のような形で電流測定をするのが通常です。

しかし、これが普通のテスターだとこうはいきません。

多機能型の場合には、ACクランプセンサ(挟み込む部分のこと)の接続が可能なものもありますが、別途購入が必要になります。

なので、電気工事士の方で電流測定がメインになる方には、かなりおすすめです。

しかも値段も手ごろ(一万円以下)です。

 

「どうせクランプメーターも購入するしなぁー」と考えているなら、日置電機の3280‐10Fが良いと思います。

 

ちなみに、上位機種には真の実効値が測定できるタイプもあり(3280-20F)、一万円以上の高スペックのものを探している人にはおすすめです。

 

こんな方におすすめ

電流の測定作業が多いけど、テスターの機能も欲しい人


クランプメーターも購入する予定の人


 

口コミ

HIOKI(日置電機) 3280‐10F

CAT IV 300 V (電流), CAT III 600 V (電流)

CAT III 300 V (電圧), CAT II 600 V (電圧)

旧型のものより使い勝手が向上してました

オプション太物でもクリップできるフレキシブルセンサーが使えるようになったり,テスターのリード棒の先端の短絡防止キャップが付き(取り外しも可能)鉄箱や狭いスペースでの使用の時の配慮がされています。  星5にしなかった理由は,従来品のオプションで裏蓋にテスター棒を固定するアタッチメントがつかなかったことや,短絡防止キャップの予備が付かなかったことなど,まだまだ使うものへの配慮ができたと思うからです。

 

出典:Amazonレビュー