ここでは、クロスの隙間(天井の廻り縁、窓枠など)を素人が綺麗にコーキングする方法について紹介します。

 

スポンサーリンク
 

クロスの隙間を素人が綺麗にコーキングする方法

 

 

素人がいきなり、クロスの隙間(天井の廻り縁、窓枠など)に綺麗にコーキングするのは無理がある。

 

私は、クロス工事は素人だ。

しかしながら、クロスの隙間(天井の廻り縁、窓枠など)にジョイントコークを綺麗に塗ることができたのである。

 

では、始める。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

が必要になる。

 

ジョイントコーク

 

ジョイントコークは、「ジョイントコークM(ミラクルアイボリー)」を使用する。

ジョイントコークMは、外コーク方式に適している。

ジョイントコークAは、内コーク方式に適しているので、今回は使わない。

 

ジョイントコークMは、テカらないし、ホコリがつきにくいといったメリットがあるので、外コーク方式では、「ジョイントコークM」を使用するようにしている。

 

ただ、ジョイントコークMは、選べる色が少ないのが難点ではある。

 

出典:ヤヨイ化学

 

ちなみに、「ミラクルアイボリー」は白っぽい色だった。

ミラクルアイボリーは、「ホワイト」と「ライトアイボリー」が合いにくい壁紙に最適とのこと。

 

あと、ホワイトは、壁紙が経年劣化してきた際にコーキング箇所が目立つようなので、できれば他の色にした方が良いようだ。

 

 

 

マスキングテープを貼る

 

作業に入る。

まずは、マスキングテープをジョイントコークを綺麗に塗りたい隙間(天井の廻り縁、窓枠など)に貼っていく。

 

 

 

 

今回は、クロスが白なので天井の廻り縁(木製)、窓枠(木製)、サッシなどの片側にだけ、マスキングテープを貼っていく。

 

 

真っ直ぐに貼っていく。

 

 

コーナーもこんな感じに貼る。

 

 

サッシまわりも綺麗に貼った。

 

コーキングしていく

 

マスキングテープを貼ったら、あとはコーキングしていく。

 

 

 

 

ジョイントコークM(ミラクルアイボリー)を塗っていく。

 

 

塗ったコーキング材は、指でならすと良い。

 

 

サッシまわりのコーキング材も指でならした。

 

マスキングテープを剥がす

 

コーキング材を塗って指でならしたら、あとはマスキングテープを剥がすのみである。

 

 

マスキングテープを剥がす。

 

 

剥がす。

 

 

剥がす。

 

 

 

 

マスキングテープを剥がし終わったら、完了である。

 

ちなみに、コーキング材が少し固まった状態で剥がしたら、コーキング材の無駄な部分とコーキングした部分も一緒に剥がれたりしたので、マスキングテープはコーキングしたら、できるだけ早めに剥がした方が良いと思う(綺麗に仕上がる)。

 

 

サッシまわりも綺麗にコーキングできた(マスキングテープは、早めに剥がした)。

 

以上で、クロスの隙間(天井の廻り縁、窓枠など)を素人が綺麗にコーキングする方法についての解説は終了します。

 

 

 

必要な道具に戻る