ここでは、不動産賃貸業(アパート、一戸建て)の始め方を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

不動産賃貸業とは

 

不動産賃貸業とは、何なのか。

不動産賃貸業とは、要するに大家さんのことで、土地や建物などの不動産を貸し付けることで、賃料をもらう事業である。

 

不動産

 

 

不動産と言えば、

よく聞くのは、「有名人が不動産を購入して失敗しました。」という話である。

有名人はお金持ちだし、見栄っ張りなところがあるから、高額な物件をローンで購入するケースが多いようだ。

それで、失敗する場合が多いと個人的には思っているのだが。

 

不動産賃貸業で失敗して樹海行きにならないために

 

不動産賃貸業で失敗しないためには、まず不動産をローンで購入しないことである。

失敗する多くの人は高収入を求めて、何億円ものマンションやらを購入してしまう節がある。

そうなると、月に何十万円ものローンを返済しないといけなくなり、空室率が高くなると破産してしまうのである。

目先の利益にとらわれると、大事なものを失ってしまうのだ。

 

 

なので、私は現金でしか物件を購入しないのだ。

そうすれば、失敗することはない。

あえて言うなら、お金がかかるのは固定資産税くらいであるが、これも木造物件に絞って購入していればそんなに高くはならない。

年に数千円~数万円である。

ただ、その資金を貯めるのに時間はかかることになる。

 

不動産賃貸業を始めるデメリット・メリット

 

不動産賃貸業を始めるには、やはりそれなりの初期費用はかかるのだが、現金購入さえしていれば、空室リスクも怖くわないし、家賃の値下げにもおおじることができるので、ある程度は部屋が埋まるのだ。

 

でもやはりデメリットもいくつかあって、それを紹介する。

あと、メリットも多いのでそれも紹介する。

 

デメリット

お金がかかる


建物がボロボロだとリフォーム費用がかかる


固定資産税がかかる


火災(地震)保険費用がかかる


アパートを自主管理するのは大変


アパートは必然的に空室率が高くなる


一戸建ては利回りが悪い


管理会社を入れるとお金がかかる


確定申告が必須


 

メリット

不労所得になる


土地と建物が残る


中古物件は安い


マイホームにもなる


賃貸の場合には、築年数はさほど重要ではない


一戸建ての場合には、現金化が容易


一戸建ては管理が楽


一戸建ては入居者が長期にわたって住んでくれる


アパートは、利回りが良い


 

不動産賃貸業はこんな方におすすめ

 

お金持ちにないりたい

収入を増やしたい

DIYが好き

一人でコツコツと仕事がしたい

副業がしたい

 

 

下記では、不動産賃貸業の始め方について紹介します。

 

不動産賃貸業の始め方

 

確定申告の巻

 

 

 

用語集の巻

 

 

  • 投稿 2019/02/12 更新
  • デンキ