ここでは、やよいの青色申告ソフトの使い方のQ&Aを紹介します。

 

スポンサーリンク
 

生命保険料控除の入力方法

 

生命保険料控除の入力方法について(下記の画像は、国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーで入力した際のもの)。

 

 

私の場合、生命保険料控除証明書をみると「新制度」と「旧制度」で控除が可能だった。

 


新制度

・一般生命保険料

・介護医療保険料


旧制度

・一般生命保険料


 

その為、新制度旧制度それぞれに「支払った保険料の額」と「保険会社等の名称」を入力した。

 

 

融資の仕訳をする方法

 

融資の仕訳をする方法について。

融資を受けた場合の借入金の仕訳は、借り入れた場合返済した場合の2通りとなる。

それと、借入金利子(利子割引料)もあるので下記で説明する。

 

借入金

 

銀行や日本政策金融公庫などから借入金を借り入れた

 

まず、やよいの青色申告ソフトを起動させる。

[取引]の項目から[かんたん取引入力]―[振替]と進み、[取引名]の項目から[銀行から借入金を借り入れた]を選ぶ。

 

すると、

[振替元]―借入金

[振替先]―現金

[摘要]―銀行からの借り入れ

の項目欄に自動で入力される。

あとは、これらを参考にして入力していけばOKだ。

 

 

私は、上記のように入力した。

 

 

銀行や日本政策金融公庫からの借入金を返済した

 

やよいの青色申告ソフトを起動させる。

[取引]の項目から[かんたん取引入力]―[振替]と進み、[取引名]の項目から[銀行からの借入金を返済した]を選ぶ。

 

すると、

[振替元]―現金

[振替先]―借入金

[摘要]―銀行からの借入金を返済

の項目欄に自動で入力される。

あとは、これらを参考にして入力していけばOKだ。

 

 

私は、上記のように入力した。

 

 

借入金利子(利子割引料)

 

借入金利息を支払った

 

やよいの青色申告ソフトを起動させる。

[取引]の項目から[かんたん取引入力]―[支出]と進み、[取引名]の項目から[借入金利息を支払った]を選ぶ。

 

すると、

[取引手段]―普通預金―指定なし

[相手勘定]―利子割引料

[摘要]―借入金利息

の項目欄に自動で入力される。

あとは、これらを参考にして入力していけばOKだ。

 

 

私は、上記のように入力した。

 

 

前渡金(前払金)の仕訳をする方法

 

前渡金(前払金)の仕訳をする方法について。

下記の記事を参考にしてくれ。

 

前渡金(その他流動資産) – 勘定科目・仕訳例

 

 

間違えた減価償却費の仕訳を削除する方法

 

間違えた減価償却費の仕訳を削除する方法について。

下記の記事を参考にしてくれ。

 

重複した「減価償却費」の仕訳を削除したい

 

 

前年(1期前)、前々年(2期前)のデータを変更した際の次年度への更新方法

 

前年(1期前)、前々年(2期前)のデータを変更した際の次年度更新方法について。

 

やよいの青色申告ソフトなどで、年度切り替えをして過去データの修正をした際は、修正結果を次年度へ反映(次年度更新)させる必要がある。

 

 

前年(1期前)、前々年(2期前)のデータを変更した際は、「ファイル」―「次年度更新」へと進む。

 

 

画面に[次年度への残高更新]が表示されるので、「更新」をクリックする。

これで、次年度への更新が完了する。

 

 

出典:次年度への更新

 

注意点としては、前々年度(2期前)のデータの修正をした際は、2回続けて更新しないといけないことである。

注意しよう。

 

以上で、やよいの青色申告の使い方のQ&Aについての解説は終了します。

 

  • 投稿 更新
  • デンキ