カテゴリー:電気工事ブログ

 

ここでは、電気スイッチの交換方法(片切り)について紹介します。

 

電気スイッチ(フルカラーシリーズ)の性能比較表
 
スポンサーリンク
 

電気スイッチの交換方法

 

 

では、電気スイッチの交換を始める。

ちなみにこの作業には、電気工事士の資格が必要である。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

片切りスイッチ(パナソニック・WNP5101MWP)

電気工具一式

プラスドライバー

マイナスドライバー

ペンチ

ニッパー

絶縁テープ

紙ヤスリ(サンドペーパー)

が必要になる。

 

電気スイッチ

電気スイッチ(片切り)については、「パナソニックのモダンプレート付」を使用する。

このタイプは、取り付け枠、化粧枠、化粧カバーが元から付いているので作業が楽なのである。

それに、後になって「化粧カバーが合わないよーー」ということがないのでおすすめ、という私の個人的見解である。

 

 

カバー(化粧カバー)を外す

 

では作業に入る。

まずは、ブレーカーを落とそう。

 

デンキさん

ブレーカーを落とさないと危険です。

 

 

化粧カバーの上下のネジ(ビス)をプラスドライバーで外す。

そうしたら、簡単にカバーを外すことができる。

外れない時には、マイナスドライバーをカバーの隙間に差し込んでテコの原理で外す。

 

 

カバーを外したらこんな感じになる。

で、よく見ると「取り付け枠」に壁紙が覆いかぶさっている。

これでは、電気スイッチの交換作業の邪魔になるので、カッターナイフなどで取り付け枠に沿って綺麗に壁紙をカットしよう。

 

 

こんな感じにカットする。

 

電気スイッチを外す

 

次は、電気スイッチを外す作業を行う。

 

 

取り付け枠の上下のネジを外すと、こんな感じで壁の中から取り出すことができるのである。

 

 

スイッチには、電線がきているのでその電線も外そう。

電線が差さっている場所の隣に、マイナスドライバーが入りそうな穴(はずし穴)があるので、そこにマイナスドライバーを差し込んで電線を外そう。

 

 

マイナスドライバーは上から押す。

すると、電線が外れる。

電線が外れない場合には、手で電線を引っ張りながら、マイナスドライバーで押しながら外すと外れやすい。

 

デンキさん

電線がどうしても外れない場合には、電線をニッパーで切断します。ただし電線に余裕がない場合には、あまりおすすめはできません。

 

 

両方の電線(白・黒)が外れるとこんな感じになる。

これで、電気スイッチの取り外しは完了である。

 

 

ちなみに、電線が変色していて緑青(青錆)が発生しているとか、電気の通りが悪そうな場合には、私は、紙やすり(150)などで軽く研磨することもある。

 

劣化が酷い場合には、天井裏に上がってVVFケーブルごと、取り替えることも検討するようにしている。

 

電気スイッチの取り付け

 

で、本体の取り外しが終わったら、次は電気スイッチを取り付ける。

 

 

ここでは、「パナソニック・WNP 5101 MWP」を取り付ける。

 

 

化粧カバーを外そう。

 

 

そうしたら、「取り付け枠」と「片切りスイッチ」のみの状態にする。

 

 

電線をストリップゲージ(10mm)に合わせて、長い場合には電線をカットする。

 

 

ストリップゲージにピッタリ両方とも合ったら、電線を差し込み穴に差し込んでいく。

 

 

黒を差し込んだら、その隣の差し込み穴に白を差す。

 

 

電線は両方ともしっかりと差し込もう。

ちなみに、この場合「片切りスイッチ」なので黒と白の電線を逆に差し込んでも使用は可能なのである。

 

 

電線に傷がある場合には、絶縁テープを巻いて補強しておく。

 

 

電線を曲げて、本体が壁の中に収まるようにしよう。

 

 

取り付け枠の上下のネジを締めれば、電気スイッチの取り付けは完了である。

 

化粧枠と化粧カバーの取り付け(完成)

 

取り付け後は仕上げの「化粧枠」を取り付ける。

 

 

化粧枠の上下のネジを締めよう。

 

 

あとは、化粧カバーを取り付ける。

これで、完成である。

 

点灯テスト

 

電気スイッチの交換後は、点灯テストを行う。

スイッチを入れて、負荷側の蛍光灯などが無事に点灯すればOKである。

 

 

スイッチを入れる。

 

 

蛍光灯が点灯した。

 

デンキ
デンキ
光っとる・・・まぶしい。

 

以上で、電気スイッチの交換方法(片切り)についての解説は終わります。

 

 

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

スイッチ・コンセントの隙間風対策や断熱効果を高める作用のある、防気カバーを取り付ける方法

 

 


 

 

 

カテゴリー
タグ

 

ここでは、壁コンセントの交換方法について紹介します。

 
スポンサーリンク
 

壁コンセントの交換方法

 

 

では、壁コンセントの交換を始める。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

が必要になる。

 

ちなみに壁コンセントの交換には、電気工事士の資格が必要になるので注意しよう。

あと化粧カバーの交換だけなら資格は要らないから、取り換えは可能である。

 

コンセント

コンセントについては、「パナソニックのモダンプレート付き」がおすすめである。

仮にコンセントを単品で、化粧カバーを単品で、購入した場合には、これら2つが違うメーカーだったりすると合わずに「ブカブカ」になることがある。

これだと見栄えが悪いし、あと単品の場合には「わたり」を取る作業がかなりめんどくさい。

なので、壁コンセントの交換をする際には、「パナソニックのモダンプレート付きダブルコンセント」がおすすめだよ、という個人的見解を述べてみた。

 

 

カバー(化粧カバー)を外す

 

では作業に入る。

まずは、コンセントのブレーカーを落とそう。

 

デンキさん

ブレーカーを落とさないと感電することがあります。注意してください。

 

 

カバーを外すので、ビス(ネジ)を緩めよう。

 

 

ネジが緩んだら簡単にカバーは外れる。

もし外れない時には、マイナスドライバーなどをカバーの隙間に入れて、テコの原理でカバーを外す。

 

コンセントを外す

 

カバーを外したら、次はコンセント本体を外す。

 

 

コンセントを外す際には、上記のように壁紙がコンセントの取り付け枠に覆いかぶさっていることがたまにある。

こういう場合には、カッターナイフなどで取り付け枠に沿って、綺麗に壁紙をカットしておこう。

 

 

こんな感じである。

 

 

そうしたら、上下にあるネジを緩めよう。

 

 

壁からコンセントを取り外すことができた。

 

 

あとはコンセントから電線を外す。

電線に余裕がある場合や、電線が焦げている場合には、ニッパーなどで切って外した方が良い。

 

 

これで、コンセントを外す作業は完了である。

 

電線の被覆を剥ぐ

 

次は、先程切断した電線の被覆を剥ぐ作業を行う。

 

 

ペンチで被覆を剥ぐ。

剥ぐ間隔としては、ペンチ幅より若干短いくらいである。

 

 

電線と被覆がピッタリとこびりついている場合には、剥いだ被覆を回転させながらペンチで引っ張ると剥がれやすい。

 

 

終わったら、こんな感じになる(電線に被覆が残っていたりする場合には、しっかり取り除いておく)。

 

ちなみに、電線が変色していて緑青(青錆)が発生しているとか、電気の通りが悪そうな場合には、私は、紙やすり(150)などで軽く研磨することもある。

 

劣化が酷い場合には、天井裏に上がってVVFケーブルごと、取り替えることも検討するようにしている。

 

 

 

白と黒の電線の被覆を剥ぎ終わった。

これで、電線の被覆を剥ぐ作業は完了である。

 

コンセントの取り付け

 

電線の被覆を剥いだら、さっそくコンセントを取り付ける。

 

 

ここでは、「パナソニック・WNP 1302MWP」を取り付ける。

 

 

化粧カバーを外そう。

 


 

そうしたら、「コンセント」と「取り付け枠」のみの状態にする。

 

 

電線をストリップゲージに合わせて、少し長い場合にはカットする。

 

 

向きを確認して、電線を差し込む。

この時「黒」は「Wと書かれていない方」に差すのが基本。

「白」は「Wと書かれている方」に差す。

 

ちなみに、このタイプはダブルなので、上に差すか下に差すかはどちらでもOKである。

ただし列は揃えた方が無難である。

 

 

電線は奥までしっかりと差し込もう。

 

 

あとは、コンセントが綺麗に壁の中に収まるように電線を曲げて中に入れる。

 

 

ネジを締めれば、コンセントの取り付けは完了である。

 

化粧枠と化粧カバーの取り付け(完成)

 

コンセントの取り付け後は、仕上げの化粧枠を取り付ける。

 

 

化粧枠は、上下のネジを締めれば簡単に取り付けられる。

 

 

化粧枠を取り付けたら、あとは化粧カバーを取り付けて完成である。

 

電圧測定

 

コンセントの交換が完了したら、最後にブレーカーを入れよう。

そして、テスターを使って電圧測定を行う。

 

 

テスター」のテスター棒を壁コンセントに差し込んで、電圧が100Vあるかどうかを確かめる。

ちなみにこの場合には、交流の300Vに合わせているので上記のようになっているのである。

 

デンキさん

電圧は上下とも測定しましょう。

 

以上で、壁コンセントの交換方法についての解説は終わります。

 

 

 

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

テレビコンセント(端子)の交換方法

スイッチ・コンセントの隙間風対策や断熱効果を高める作用のある、防気カバーを取り付ける方法

 

 


 

テスターのおすすめ
デジタルテスターの性能比較
アナログテスターの性能比較

 

カテゴリー
タグ

 

ここでは、台所の換気扇(ヒモ式)を自分で交換する方法を紹介します。

 
スポンサーリンク
 

台所の換気扇(ヒモ式)の交換方法

 

 

では、台所の換気扇(ヒモ式)の交換を始める。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

が必要になる。

 

換気扇

換気扇については、元々付いていたタイプが「25㎝×25㎝の羽根系」だったので、

同じタイプの羽根系の「東芝 台所用換気扇 【VFM-25H2】」を設置する。

 

このタイプは電気式なので引き紐スイッチが付いていない、なので「中間スイッチ」などを用いてスイッチでON、OFFをできるようにしなければならない。

壁スイッチがある場合には、それを用いればOKである。

 

参考までに、量販店などでこの換気扇を購入した場合には、1万2800円で購入できたのだが、Amazonなどで見てみると7500円程度で購入できるようになっていたから、吐きそうだ。

 

あと、換気扇はカバー(フィルター)付きの物が良いという方は、下記を参照。

 

 

 

 

 

交換準備

 

では、作業に入る。

まずは、新品の換気扇を箱から取り出して、設置するための準備を行う。

 

 

カッターナイフなどでテープ部分を切ろう。

 

 

箱から本体を取り出し、カバー(化粧枠)を外す。

 

 

カバーを外すとこんな感じになっている。

 

 

で、換気扇の本体を取り付ける際に羽根が邪魔になるので、羽根を外そう。

羽根はボタンを押しながら、手前に引くと外れる。

 

 

本体の上部に、取り付けネジが2本あるのでこれを緩めて、本体が木枠に収まるように調整する。

 

 

次は、配線コードの位置変更を行う。

配線コードはコンセントの位置に合わせて、変更する。

この部屋では、換気扇の右下にコンセントがきているので、配線コードは右下を通すように変更する。

 

 

配線コードを止めているコード押えを「ラジオペンチ」で軽く曲げて、コードが自由に動くようにする。

コードの結び目もほどいておこう。

 

 

コードを右下に通す。

そして、コード押えでコードを押さえつけし過ぎないように気をつけながら、コード押えを軽く曲げてコードを固定する。

 

 

終わったら、こんな感じになる。

これで、換気扇の交換準備は完了である。

 

古い換気扇の取り外し

 

換気扇の交換準備が終わったら、次は古い換気扇の取り外しを行う。

 

 

まずは、コンセントからプラグを抜いて羽根が回らないようにする。

そうしたら、カバー(化粧枠)を外そう。

 

 

カバーを外したらこんな感じである。

 

 

上部の取り付けねじを外す。

 

注意点としては、このネジ部分を折らないようにすることである。

もし折ってしまった場合には、力ずくで引っこ抜くか、折れたネジを地道に回すか、本体の枠を破壊しなければならないからである。

実際、かなりめんどくさいことになる。

 

 

取り付けねじを外す場合には、ウォーターポンププライヤーなどを使用してネジを回すと外しやすい。

 

あとどうしても硬くて「ねじが回らない」っていう場合には、CRCなどの潤滑剤を吹きかけてしばらく置いてからまたチャレンジしてみよう。

 

 

取り付けねじは、本体がグラグラしてくるまで緩めよう。

 

 

取り付けねじが緩い場合には、完全に外してしまっても良い。

 

 

下部をビスで止めている場合には、そのビスも外す。

 

 

「取り付けねじ」と「ビス」を外したら、あとはそのまま換気扇を手前に引っ張る、すると簡単に外れる。

 

 

外した換気扇は、空箱などに入れると持ち運ぶのが楽である。

 

 

換気扇を外すと

「木枠」や「ウェザーカバー」がたぶん汚れていると思う。

タオルなどで軽く拭くだけでも綺麗になるので拭いておこう。

 

 

タオルで拭いたらこんな感じになる。

これで、古い換気扇の取り外しは完了である。

 

換気扇の取り付け

 

古い換気扇の取り外し後は、新しい換気扇と交換する。

 

 

準備していた換気扇を取り付けよう。

上下を間違わないよう木枠に押し込む。

 


 

配線コードが羽根に巻き込まれないように、コード押えでもう一度しっかりと固定してあるかを確認する。

 

 

本体上部にある取り付けねじを2本とも締める。

枠部分をビスで止める。

 

 

下の枠部分をビスで締める。

ちなみに、ビスなどで締める場合には対角で締めていくと良いのである。

 

 

ビス止めが終わったら、羽根をセットしよう。

羽根は「カチッ」と音が鳴るまでしっかりとはめる。

 

 

カバー(化粧枠)を取り付ける。

これで、換気扇の取り付けは完了である。

 

排気テスト

 

換気扇の取り付け後は、プラグをコンセントに差して「排気テスト」を行う。

排気テストと言っても、手を近づけたりするのは危険なのでしてはいけない。

強い風が室内に吹いていなければOKである。

 

 

コンセントを差し込む。

 

 

すると、「ガチャガチャ」っと音がしてシャッターが開き羽根が回転しだす。

回してみるとわかるのだが、やはりこのタイプはとっても静カメである。

これで、排気テストも完了である。

 

中間スイッチの取り付け(完成)

 

あとはコンセントとプラグの間に「中間スイッチ」を取り付ければ完成である。

 

 

近くの店舗で買ってきた、ブレーカーつきの中間スイッチ(1m)を使用する。

ちなみにブレカーが付いているタイプだと、雷などで換気扇が壊れることがないのでおすすめである。

 

 

壁コンセントに「中間スイッチ」のプラグを差し込む。

ちなみに、見栄えを良くするために、「壁コンセント」もついでに交換した。

 

 

完成するとこんな感じになる。

 

 

これで手元でのON、OFF操作が可能になる。

以上で、台所の換気扇(ヒモ式)を自分で交換する方法についての解説は終わります。

 

 

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

壁コンセントの交換方法!

再生式フィルター換気扇(キッチン・台所用)の性能比較表

 

カテゴリー
タグ

 

ここでは、蛍光灯器具(照明器具)の取り付け・交換方法について紹介します。

 
スポンサーリンク
 

蛍光灯器具(照明器具)の取り付け及び交換方法

 

 

では、蛍光灯器具の交換を始める。

 

必要な道具

 

必要な道具としては、

が必要になる。

 

蛍光灯器具

蛍光灯器具については、予め設置してあるタイプのものに換えるようにしよう。

ちなみに、下記で紹介する部屋の場合には以前付いていたのが「2灯用の蛍光灯器具」だったので、同系の蛍光灯器具をつけるようにしたのであった。

 

私が今回設置する蛍光灯器具は、

「ラッキー ワークライト 付属蛍光灯(FL20SS・EX-D/18×2灯) 昼光色 プルスイッチ LHKE-14006」

である。

最近では、こうした2灯用の蛍光灯器具は店頭に並ぶことがないので、ネットなどで購入しないとどこにも売ってないから注意である。

 

 

*一般的なタイプ

 

*お洒落な間接照明・シーリングライト・スタンドライト

日々の流行に敏感なお客様に向けて最先端デザインの照明を揃えています

 

蛍光灯器具(照明器具)の準備

 

では作業に入る。

まずは、新品の蛍光灯器具(照明器具)を箱から取り出して、現場で速攻で作業を完了させる為の準備を行う。

 

 

蛍光灯器具(照明器具)を箱から取り出したら、カバーなどを外して器具側の配線コードを確認しよう。

そこで電源線が「短い」あるいは、「より線」だよ。

という場合には、1.6mmの単線で延長すると良いように思う。

 

私はいつも蛍光灯器具(照明器具)を交換する際には、上記のように配線を延長している。

こうした方が天井付近での蛍光灯器具(照明器具)を交換する際には、かなり楽なのだ。

あと器具側の電源線がより線の場合には、1.6mmの単線に換えるとリングスリーブでの圧着が「極小」でできるのである。

 

天井への直付けの準備

 

次は、天井から出ている電気の配線に、直接、照明器具を取り付けるのでその準備を行う。

ちなみに、こうした取り付け方を直結タイプ(直付け)と言うのである。

 

 

では、まずは「ブレーカー」を落とそう。

ブレーカーは、主幹(メイン)を落とせば確実だが、それができない場合には照明用の「安全ブレーカー」がどれかを探して落とさなければならない。

 

無事にブレーカーを落とすことができたら、一応「テスター」などで電圧がかかっていないかの確認をしておくと良い。

 

ちなみに、ブレーカーを落とさずに作業すると感電するから注意しよう。

それとこうした作業には、「電気工事士」の資格(第二種電気工事士or第一種電気工事士)がいるから注意である。

 

 

ブレーカーを落としたら、「引っ掛けシーリング」のビスを外して、天井から電線を引っ張ろう。

 

 

引っ掛けシーリングの電線部分をニッパーで切る。

 

 

カッターナイフやニッパーで、上記のように「VVFケーブル」のねずみ色の被覆を剥ぐ。

 

 

このくらいまで剥ぐことができたら、OKである。

 

 

黒と白の電線部分の被覆を剥ぐ。

剥ぐ目安としては、ペンチ幅よりも少し広いくらいである。

 

 

終わったら、こんな感じである。

これで、天井への直付けの準備は完了である。

 

蛍光灯器具(照明器具)の取り付け

 

天井への直付けの準備が終わったら、次は蛍光灯器具(照明器具)を天井に取り付けるので、蛍光灯器具(照明器具)に電線を通すための穴を開けよう。

 

 

蛍光灯器具(照明器具)には、予め簡単に電線を通せるようにと「穴加工」がされているものがほとんどなので、その加工された部分をペンチやウォーターポンププライヤーなどを使って電線が通るようにするのである。

 

 

ペンチorウォーターポンププライヤーで、ひねったりして引き剥がそう。

 

 

電線が通る穴が開けばOKである。

 

 

それと電線が通る穴の周囲には、電線に傷がつかないように付属品の「ゴムブッシング」などを付けることが必要である。

ただ付属品に「ゴムブッシング」が入ってない場合には、絶縁テープなどで電線に傷がつかないように周囲にテープを付けて電線を保護することが必要である。

 

 

器具を実際に天井に取り付ける場合には、真ん中部分をいったん「ビス止め」してから両端を「ビス止め」すると綺麗に取り付けることが可能である。

 

ちなみに、ビス止めする穴が大きめの場合には、多少ズレても後で修正が利くからビス(ネジ)の穴は少し大きい方が良い。

 

圧着

蛍光灯器具(照明器具)の取り付けが終わったら、次は、電線どうしを圧着(くっつける)させる。

 

 

で、圧着させるには器具側の電線(黒と白)の被覆も剥ぐことが必要になるので、器具側の電線の被覆を剥ぐ。

 

 

先程と同じように器具側の黒と白の電線を剥ぐ。

 

 

ちなみに、圧着させるには「リングスリーブ」と「リングスリーブ用の圧着工具」が必要になる。

 

 

実際に圧着させる場合には、

・黒(1.6mm)と黒(1.6mm)を「リングスリーブ小」・「極小」で圧着させる

・白(1.6mm)と白(1.6mm)を「リングスリーブ小」・「極小」で圧着させる

 

注意点としては、リングスリーブに被覆が噛まないようにすることと、リングスリーブは真ん中で圧着させること(刻印がリングスリーブの中央にくるようにする)

 

 

「黒黒」と「白白」の電線を圧着したら、こんな感じになる。

 

 

圧着後は、リングスリーブから飛び出した銅線部分をペンチなどでカットする。

 

テープ巻き(絶縁処理)

余った銅線をカットした後は、黒と白の圧着した電線に絶縁処理を行う。

 

 

絶縁テープを用いて、上記のようにテープを巻いていく。

 

 

先端までテープをしっかりと巻いたら、そこから反対方向に方向転換してもう一度テープを巻いていく。

 

 

テープ巻きが完了するとこんな感じになる。

 

 

黒と白の両方のテープ巻きが終わるとこのようになる。

 

カバーの取り付け

テープ巻き後は、蛍光灯器具(照明器具)のカバーを取り付ける。

 

 

器具のカバーをする際には、

上記のように配線コードが邪魔にならないように器具内に収めよう。

 

 

カバーを取り付けるとこのようになる。

これで、蛍光灯器具(照明器具)の取り付けは完成である。

 

点灯テスト(完成)

 

蛍光灯器具(照明器具)を取り付けた後は、蛍光灯と豆球を取り付けて「点灯テスト」を行う。

 

 

ブレーカーを入れよう。

 

 

引き紐を引いて、蛍光灯が点灯すればOKである。

 

 

もう一度引き紐を引くと豆球が点灯し、もう一度引くと消灯する。

 

ちなみに、壁スイッチがある場合には、壁スイッチを入れた状態にしないと蛍光灯は点灯しないから注意しよう。

以上で、蛍光灯器具(照明器具)の取り付け・交換方法についての紹介を終わります。

 


先進的なデザインで高品質な個性的で美しい照明

 

必要な道具に戻る

 

関連記事

 

電気スイッチの交換方法(片切り)

 

 


 

テスターのおすすめ
デジタルテスターの性能比較
アナログテスターの性能比較
カテゴリー
タグ