ここでは、工具や材料の整理整頓にあると便利なTRUSCO(トラスコ) の薄型折りたたみコンテナ(TR-C50B-GY)のレビューについて紹介します。

 

スポンサーリンク
 

工具や材料の整理整頓にTRUSCO(トラスコ)の薄型折りたたみコンテナ(TR-C50B-GY)

 

私は、乗用車に電気工事用の工具やDIY工具、材料などを積んでいる。

材料などは、段ボール箱に入れているのだが、いかんせん段ボール箱だと見栄えが悪くなって困るし、どこにどの材料があるのかがわからなくなってくるので困っていた。

 

そんなとき見つけたのが、TRUSCO(トラスコ)の薄型折りたたみコンテナ(TR-C50B-GY)でした。

 

Amazonで見つけたのだが、安かったので2つ程購入した。

 

出典:Amazon

 

購入する際には、ダンボータイプ(よつばと!)と迷ったが、車に載せるので無難なタイプを選んだ次第。

 

 

TRUSCO(トラスコ)の薄型折りたたみコンテナ(TR-C50B-GY)のレビュー

 

 

 

Amazonで、TRUSCO(トラスコ)の薄型折りたたみコンテナ(TR-C50B-GY)を買った。

 

付属品はなかった。

 

寸法

 

 

寸法については、

●外形寸法:530(間口)×366(奥行)×336(高さ)㎜

●有効内寸:493(間口)×335(奥行)×311(高さ)㎜

●折りたたみ高さ:71㎜

●質量:2.28㎏

●容量(L):51.3

となっている。

 

スライドロックフタ付

 

 

薄型折りたたみコンテナ(TR-C50B-GY)の上部(フタ)には、スライド式のロックが付いている。

コンテナをロックすることで、「内容物の輸送も安全」とのこと。

 

シボ加工6ヵ所(フタ付8ヵ所)

 

コンテナの周囲には、シボ加工が施してある。

シボ加工を施すことにより、高級感も生まれるようだ。

更に、「シボ加工を施すことでラベルを貼ることができ、ラベルののりを残すことなく剥がせる」とのこと。

 

最大積載荷重8kg

コンテナの最大積載荷重は8kgなので、あまり重いものは収納することができない。

 

コンテナの組み立て方

 

 

薄型折りたたみコンテナ(TR-C50B-GY)を組み立てる際は、両方のはしを真上に持ち上げる。

 

 

真上に持ち上げるとこんな感じになる。

 

 

 

左右の壁を外側に押して、ロックする。

 

 

これで、コンテナの完成である。

 

 

もちろんフタも閉まる。

 

 

荷物を入れて輸送を行う場合には、フタをロックしておくとより安全だ。

 

デメリットとメリット

 

TRUSCO(トラスコ)の薄型折りたたみコンテナ(TR-C50B-GY)のデメリットとメリットは、下記の通りである。

 

デメリット

最大積載荷重8㎏


安い反面、ところどころにバリが残っている部分があった


 

メリット

ミリタリー風でカッコイイ


安いし、軽いし、配送にも最適


スライドロックフタ付、シボ加工6ヵ所(フタ付8ヵ所)


使用しない場合には、折りたたむことが可能


 

別売りアクセサリと本体

 

 

 

以上で、工具や材料の整理整頓にあると便利なTRUSCO(トラスコ) の薄型折りたたみコンテナ(TR-C50B-GY)のレビューについての解説は終わります。