ここでは、駐車場に撒く除草剤のおすすめ4選!を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

アパートの駐車場に草がボウボウ

 

 

私は、アパート経営をしているのだが、駐車場に草が生えていることがある。

駐車場なら、「コンクリートor砂利」を敷き詰めてやればいいと思う人もいるだろう。

しかし、これはこれで結構な値段がするのだ。

それと土の方が全面コンクリートのような「人口物」よりも、自然な感じで良いのである。

 

草取り

 

基本的に草取りというのは、業者に頼もうにもお金がかかる。

自分で「草刈り機」で刈ろうとすれば、石が周辺に飛散し、悲惨な事態になる可能性もある【小石が飛んで車の後ろのガラス(リアガラス)が割れた事があった】。

 

 

あと音もうるさいので、近所の人とトラブルになることも想定される。

なので、私は、手でむしったり、鎌で刈ったり、スコップで掘り返したりしていた。

あと、手で草むしりをしていると、アパートの住人と遭遇することがあり、かなり気まずいし、夏は暑くて吐き気がするほどに消耗するのである。

 

で、毎年恒例の夏の草取りを、

「どうやったら楽できるか」と考えた結果、この問題を解決するためには、「草取りの時間を短縮するしか方法はない」と考える。

 

それゆえに一番手っ取り早いのが「除草剤」を撒くことである。

だがしかし、除草剤の種類によってはかなり危険なものもあるようなので、ここでは、私が愛用している除草剤のおすすめを紹介する。

 

注意事項

 

とその前に、実際に駐車場などに撒く際には、周囲の安全性を確保する必要がある。

近くに水源地や、養殖池等がある場合には十分に注意したり、

除草剤を散布した当日は、その場所に立ち入らせないなどの工夫も必要になる。

 

一般的には、ホームセンターなどで売られている除草剤などは心配するほどの毒物ではないとされているが、魚類に対しては、影響を及ぼすので注意しよう。

 

デンキさん

ちなみに、このようなめんどくさいことをしたくない、という方は、音の静かな電動草刈り機(充電式)で草を刈った方が無難です。

 

●「周囲に小さな子供がいるのに除草剤を撒いているわよ、常識がないのかしら・・・」

●「お隣さん、草むしりもしないで除草剤撒いていたから、食べるものは作らない方が良いわよ」

と言った、ご近所トラブルを回避することにもつながります。

 

こちらの記事(下記)を参照してみてください。

 

 

ネコソギシリーズ

 

私は、レインボー薬品の「ネコソギシリ―ズ」を愛用している。

「ネコソギシリーズ」は、植物特有の生理代謝機能を阻害することで根から枯らすことができる。

その為、ペットや昆虫などがいても比較的安全に使用できるのである(基本はいない状態で散布する)。

 

危険性について

レインボー薬品の除草剤は全て、化学品として安全性の高い普通物 ※です。 植物特有の生理代謝(例:光合成)を阻害して枯らすので、動物には安全性が高いといえます。 また、「枯れ葉剤」問題の原因であるダイオキシン類は一切含まれておりません。

※毒劇物に該当しないものを指していう通称

 

出典:レインボー薬品株式会社

 

ちなみに井戸などがある場所では、除草剤は撒かないようにしよう。

土に浸透してしまうケースがあるからである。

ネコソギシリーズは、毒(毒劇物)ではないのだが、誰も除草剤入りの水は飲みたくはないだろう。

あと魚類には影響がでるので、注意である。

 

それと公園や堤とう(土手)などで使用する場合には、「立て看板や縄囲いをするように」との記載もある。

 

ネコソギAL1.0 2L

 

で、ネコソギシリーズの中でも、駐車場に撒くのに適しているのは、「ネコソギAL1.0 2L」だと思う。

「ネコソギAL1.0 2L」は、いわゆる「液剤」であり、水で薄める必要もなく、そのままシャワーノズルから散布することができる。

 

 

本体も「2L」なのでそこまで重くなく、女性でも散布しやすいのが特徴である。

ただし、最後まで液体を使い切るには少しコツが必要になる。

匂いも若干はするが、気になるほどではない。

 

ネコソギAL1.0の効果が現れるのは散布後、2週間前後と言われているので気長に待つ必要がある。

効果持続期間としては、私の経験上、散布後2ヵ月の間は雑草が何も生えない。

2ヵ月半~3ヵ月くらいして徐々に雑草が生えてくる、といった感じである。

 

ネコソギAL1.0は、

■駐車場

■空き地

■家周り

■庭・樹木まわり

などに散布できるぞ。

 

 

ネコソギロングシャワー 3L

 

除草剤の持続期間を少しでも延ばしたい、というあなたには、「ネコソギロングシャワー 3L」がおすすめである。

これは、ネコソギシリーズの中でも強力な部類に入る、液体タイプの除草剤である。

 

一般的な液体タイプの除草剤は、葉から成分を吸収して枯らす。

 

 

しかし、この「ネコソギロングシャワー」は、「葉と土」に成分がいきわたるので、「土壌処理剤」の役目も担っているのだ。

(ちなみに、土壌処理剤とは、雑草がまだ生えていないところに成分を散布して、雑草の発生を防止する役目のことである)。

 

であるからして「ネコソギロングシャワー」は、雑草抑制期間がかなり長くなる。

商品ページでは、「約4~6か月は持続する」と書かれているので、使い方次第ではこちらの商品の方が節約にもなるやもしれない。

 

ただし、女性が使用する場合には「3L」なので少し重く、両手で持つ必要がある。

 

追記2018/4 注意点として「ネコソギロングシャワー」の散布後、数ヶ月(4~6)は草が何も生えてこなかった、しかしその後、場合によっては苔が生えてくることもあるかもしれない。

 

ネコソギロングシャワーは、

■駐車場

■空き地

■家まわり

■運動場・墓地

などに散布できるぞ。

 

 

粒剤

 

あと「ネコソギシリーズ」でおすすめなのは、粒剤である。

粒剤は、先程紹介した「土壌処理型」の除草剤になる。

特徴としては、土壌処理型なので雑草抑制期間が長いことである。

約6ヵ月は、持つとされている。

 

 

ただ、実際に粒剤を撒いてみると撒いた後に、「白っぽい粒が目立つ」のがデメリットでもある。

「えぇ!!何っ!?、この白っぽい粒!!」

と、アパートの住人が何らかの不信感を持つ可能性があるし、靴について撒き散らす可能性も否定できない。

なので空き地などの、人通りがないところに「粒剤」はおすすめである。

 

粒剤は、

■駐車場

■空き地

■家まわり

■運動場・墓地

などに散布できるぞ。

 

 

ラウンドアップ

 

その他、ネコソギシリーズ以外にも、おすすめの除草剤はないのか探してみた。

やはりネコソギシリーズ以外となると、同系の「ラウンドアップ」がおすすめのようである。

こちらも、アミノ酸系の除草剤となる。

 

安全性については、ラウンドアップのサイトで確認してみた。

下記で紹介する。

ラウンドアップ除草剤の有効成分“グリホサート”はもっとも簡単なアミノ酸である“グリシン”と“リン酸”の誘導体です。ラウンドアップも同様の成分を含んでおり、普通物※1に分類されます。 ラウンドアップは野生生物・鳥類・昆虫類にも極めて安全性が高く、世界の環境保護区や、世界遺産の保全に、広く利用されています。 ※1…毒劇物に該当しないものを指していう通称

 

出典:日産化学工業株式会社

 

つまり、ラウンドアップも通常通りの使用方法を守れば、比較的安全に使用が可能ということである。

 

ラウンドアップマックスロードAL 2L

 

ラウンドアップなら、液状タイプの「ラウンドアップマックスロードAL」がおすすめである。

「ラウンドアップマックスロードAL」は液状タイプなので、キャップを外したらあとはそのまま使用可能なシャワータイプなのである。

「2L」タイプなら、女性でも軽々と撒くことができるのだ。

 

 

ラウンドアップは、土に落ちた成分は微生物によって処理されるのもポイントである。

人けのない場所なら、「ラウンドアップマックスロードAL」で良いと思う。

 

人けのある場所に散布する際には、注意事項に従って散布しよう。

 

散布後の立ち入りについて

ラウンドアップマックスロードの散布当日は、縄囲いや立て札を立てるなどして、散布した場所に立ち入らないようにしてください。

※手袋を着用の上でご利用ください。

※使用前にはラベルをよく読み、安全使用上の注意にしたがって使用してください。

ラベルの記載以外には使用しないで下さい。

 

出典:日産化学 ラウンドアップマックスロードAL 2L

 

 

以上で、駐車場に撒く除草剤のおすすめ4選の紹介を終わります。

 

関連記事