ここでは、ソニーのスピーカー内蔵ウォークマンの代わりに、iPod touch 第6世代を購入した(レビュー)について紹介します。

 

スポンサーリンク
 

ソニーのスピーカー内蔵ウォークマンの代わりに、iPod touch 第6世代を購入した

 

 

私は、車で移動中に音楽を聴くのを楽しみしていた。

ドリンクを入れるところにiPodを入れて、iPodの内蔵スピーカーから音楽を聴くスタイルで10年以上iPodを使用していた。

 

しかし、最近になってiPodが壊れてしまったので代わりのもの(安いもの)を探していた。

 

Amazonなどでは、3000円くらいのウォークマンみたいなのが売っているのだが、そのほとんどが、私の知っているメーカー品ではないので信用できずにいた。

 

そこで、ソニーのウォークマンを購入しようとした。

ソニーのウォークマンは、メーカー品といえど安いのなら1万3千円程あれば購入できそうだったからだ。

ただ、この1万3千円のウォークマンには、iPodのように内蔵されたスピーカーがない、ということを初めて知った。

 

ちなみに、ソニーのウォークマンで内蔵スピーカーが搭載されたものは、あるにはあるのだが、Amazonだと中古品や値段が高価なものが多かった…。

 

ソニーのスピーカー内蔵ウォークマン

NW-ZX1
・NW-F880シリーズ NW-F887/W NW-F886/W NW-F885/W
(W:ホワイト L:ブルー B:ブラック P:ビビッドピンク)

 

ソニーのウォークマンは、外付けのスピーカーが主流のようだった。

 

 

外付けのスピーカーでも、室内とかなら問題ないのだが、車だといかんせん大きすぎて置くスペースに困るし、

Amazonレビュー(NW-S315K L)では、「最新のは機能が落ちている、ブックマーク機能がなくなった、曲を探しにくい」などの文言が多かったので、やっぱりiPodの方が無難かも…と思い、iPodの最新版である「iPod touch(第6世代)」を購入することにした次第。

 

 

iPod touch(第6世代)のレビュー

 

 

 

AmazonでiPod touch(第6世代)を買った。

 

付属品には、

●Apple EarPods(イヤホン)

●USBケーブル

●クイックスタートガイド

が入っていた。

 

寸法

 

 

寸法については、

●高さ:123.4 mm

●幅:58.6 mm

●厚さ:6.1 mm

●重量:88g

となっている。

 

スピーカー内蔵

 

iPod touch(第6世代)には、もちろんスピーカーが内蔵されている。

内蔵スピーカーからは、音楽を直に聴くことが可能。

 

電源とバッテリー

●リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵

●音楽再生時間:最大40時間(完全充電時)

●ビデオ再生時間:最大8時間(完全充電時)

 

出典:iPod touch

 

液晶画面と本体の保護について

 

 

iPod touch(第6世代)を使用している際に、誤って地面に落としてしまうこともあると思う。

 

私は、その対策として

も合わせて購入した。

 

 

取り付けてみるとこんな感じになる。

これで、iPod touch(第6世代)を誤って地面に落としたとしても衝撃を緩和してくれそうだ。

 

デメリットとメリット

 

iPod touch 第6世代のデメリットとメリットは下記の通りである。

 

デメリット

バッテリー容量が少ないようだ。


メモリーカードが使えない


取扱説明書がない


 

メリット

Apple(アップル)製品


軽い。


充電がはやい


音楽を聴くだけならバッテリー容量もほとんど気にならない


カメラも搭載、ビデオ撮影、ゲームもできる


Wi-Fiに繋げばインターネットに接続できる


 

別売りアクセサリと本体

 

ipod touch 6 強化ガラスフィルム(液晶保護フィルム)

iPod touch 6 ハードケース(シリコン)

 

 

 

以上で、ソニーのスピーカー内蔵ウォークマンの代わりに、iPod touch 第6世代を購入した(レビュー)についての解説は終わります。