ここでは、KYORITSU(共立電気計器)カード型デジタルマルチメータ[KEW 1019R]の使用レビューを紹介します。

 

スポンサーリンク
 

KYORITSU(共立電気計器)カード型デジタルマルチメータ[KEW 1019R]の特徴

 

 

用途

 

KYORITSU カード型デジタルマルチメータ[KEW 1019R]は、CATⅢ 300V、CATⅡ 600V範囲内の測定に使用できます。

 

仕様

 

温度 23 ± 5℃、 湿度 45 – 75%

 

 

動作方式 ⊿Σ方式
入力オーバー表示 OL
測定周期 毎秒2.5回

(ただし、容量は600μF レンジで最大約0.2回)

適応規格 IEC 61010-1 /61010-031 /61010-2-033

CATIII 300V CATII 600V 汚染度2、屋内使用、高度2000m 以下

IEC 61326(EMC), EN 50581(RoHS)

耐電圧 AC3470Vrms 5 秒間 電気回路と外装間
絶縁抵抗 100MΩ 以上/1000V 電気回路と外装間
動作温湿度範囲 0~40℃ 相対湿度 80%以下(結露しないこと)
保存温湿度範囲 -20~60℃ 相対湿度 80%以下(結露しないこと)
電源 DC3V,CR2032×1
消費電流 2mA 以下
連続使用時間 約120時間(ACV、連続、無負荷、CR2032)
外形寸法 126(L)×85(W)×18(D)mm
質量 約135g(ハードケース,電池含)
付属品 取扱説明書:1冊、ハードケース(M-9188):1個

コイン形リチウム電池(CR2032/3V):1個

出典:取扱説明書

 

その他の性能

 

真の実効値測定


REL機能(表示値を記憶し、以後の操作値との差を表示)


電池電圧低下表示(電池の電圧警告が出ます/BATT)


オートパワーセーブ機能(最終操作後、約15分でスリープ状態になります)


 

KYORITSU(共立電気計器)カード型デジタルマルチメータ[KEW 1019R]

 

 

KYORITSU カード型デジタルマルチメータ[KEW 1019R]は、胸ポケットに入る大きさで、小型テスターなので当然軽いですし、手ごろな価格で購入できます。

 

ハードケースも付いていて、手ごろな価格なので安価の海外製品を購入するくらいなら、日本のメーカー品であるこうしたテスターはオススメですね。

 

ハードケースにもこだわりが感じられます。

ハードケースは、なんとスライド式なのです。

テストリードを収納する際には、一旦リード線を巻き付けてから、テスト棒を専用のスペースに収納するので、綺麗にテストリードが収まるので使いやすいと思います。

 

ただし、このタイプは日本のメーカー品といってもタイ工場で作られています。

が、しかしながら、まぁ、「製品検査合格証明書」も入っていることですし、性能面では問題ないと思います。

日本の有名メーカーですしね。

 

 

また機能面では、この価格帯で「真の実効値測定」ができるテスターは珍しいのではないでしょうか。

それに、REL機能も付いていて、便利ですが、残念ながら電流測定はできないようになっています。

 

KEW 1019Rを購入後は、自分で電池を取り付けなければならないので、ドライバーも必要です。

 

 

日置電機のカードハイテスタ 3244-60

 

「KEW 1019Rは、タイ製だからちょっと…」という方には、同等の価格帯で購入可能なメイドインジャパンの「日置電機のカードハイテスタ 3244-60」がオススメですね。

 

日置の3244-60は、電流測定、真の実効値測定などはできないものの「KEW 1019R」と同様に小型で使いやすいシンプルなテスターとなってます。

 

用途に応じて、どちらが良いのかを選択するのと良いと思います。

 

 

使用感

 

 

 

Amazonで購入した「KYORITSU カード型デジタルマルチメータ[KEW 1019R]」が届きました。

 

付属品には、

●キャップ(赤/黒各1)

●電池

●ハードケース

●取扱説明書

●製品検査合格証明書

が入っていました。

 

寸法

 

 

寸法については、

●126(L)×85(W)×18(D)mm

●質量:約135g(ハードケース,電池含)

となっています。

 

 

もちろん、胸ポケットにも入ります。

 

液晶

 

液晶画面は大きいので表示が読み取りやすいです。

バックライトは、点灯しません。

 

導通

 

導通は、ブザーで知らせてくれます。

 

テストリード

 

 

テストリードの全長は、約51㎝あります。

テストリードは、黒が「-」で、赤が「+」です。

先端部分のキャップは、取り外しが可能です。

 

 

テストリードを収納する際には、一旦リード線を巻き付けてから、テスト棒を専用のスペースに収納します。

 

ファンクションスイッチ

 

ファンクションスイッチは、片手だとレンジの切り替えは難しいです。

両手で操作すると、良いと思います。

 

レンジを操作中は、「ピッピッ」といったブザー音がします。

 

ハードケース

 

①ハードケースは、スライド式です。

 

 

②このタイプのハードケースは、片方のテスト棒を装着した状態で測定ができるので、測定値を確認しながらの測定が可能となります。

 

電池交換

 

電池の交換は、裏面にある1本のねじを外せば簡単にできますが、ケースを元に戻す時には、測定コードが溝にしっかりと入っていることを確認することが必要です。

 

電池/コイン形リチウム電池(CR2032) 1個

 

デメリットとメリット

 

デメリット

タイ製


ファンクションスイッチは、若干固め


電流測定不可


テストリードが一体型なので、別売りのテストリードがない。


レンジを切り替えるときに音がする。


購入後は、付属品の電池を自分で取り付けないといけないのでドライバーが必須


 

メリット

高級感のあるデザインが良い


真の実効値測定が可能


カード型なのに大型液晶画面付き


カバーがスライド式でカッコイイ、テストリードの収納も簡単にできる。


レンジの設定さえすれば、ハードケース越しでも使える。


ハードケースに片方のテスト棒を装着した状態で測定ができるので、測定値を確認しながらの測定が可能


 

別売りアクセサリと本体

 

●ハードケース(M-9188)

 

 

 


 

  • 投稿 2018/09/05 更新
  • デンキ